晴れはいいですね〜

こんにちは。今期の外務になりました、16N Hrパートの中村優です。投稿久しぶりで緊張してます笑


外務ではクリコンと冬コンの担当をしてます。今年は、クリコンが例年と違う形式になり、新たに冬コンをすることになりました。
クリコンは入院されてる方や外来で病院に来た方を主な対象としていますが、冬コンは演奏をきくために来てくださった方を対象としてます。そう考えると、冬コンはどちらかというと定演寄りなのかなって思います。曲数は多いですが、今までより1曲ずつの完成度を高めるのが必要ですね。本番楽しんでできるように練習していきたいものです。
残念ながら外部のホールはとれませんでしたが、毎回本番の場所で練習できてるので本番をイメージした練習がしやすい!!と捉えてます。
新しいことも多くスムーズにいかないことがあるかもしれませんが、クリコンも冬コンもうまくいくように外務の仕事していこうと思っているので、よろしくお願いします(*'▽'*)



昨日は冬コンの管打練をしました。
ほかのパートが取り出されてるのをきくと、他パートのおいしい部分を知ることができて楽しいです。自分が吹いてる間、個人やパートは気にして練習してますが、もっと視野を広げて管打練やtuttiにのぞめるように音源きいたり練習したりしようと思いました。


管打練後にHr1617の4人でゐのさいのアンサンブル練をしました。tuttiでもホルンはほぼ4人で吹いてますがボックスなので、アンサンブルで顔を合わせながら演奏するといつもと違う感じで、新鮮です。ちょっとした表情の変化や体の動きや息を吸う動きなどを見ることができて、合わせやすく、一緒に曲を作ってることをじわじわ実感できて楽しいです。いのさい本番まであとすこしですが、楽しんだりいろいろ学んだりしながら仕上げていきたいと思ってます٩( 'ω' )و



最近寒いですね…
昨日は今期初マフラーでした。朝、なかなか布団から出られなくて大変です。
気温差が激しかったり、今週末また台風が来たりするみたいなので、体調管理や安全確保をしていきましょう!

16N 中村優

祝乗り番

こんばんは!
今期外務になりました、医学部二年バイオリンパートの黒田夏花です。(部日誌を書くのが遅れてすみません…)

10月20日(金)、弦は講堂にてセク練をやりました。
美女の楽譜が未だ届かないこともあり、乗り番が1週間ぶりにあって嬉しかったです。定演の練習の際には、自主練の時間がなくて困っていたのに、逆の現象が起きると乗り番が恋しくなるものなのですね。
初心者一年目の去年は空き時間ってこんなにあったんだなと懐かしく感じました。

最近ようやく、バイオリンを習い始めたのですが、習うと違うと先輩方に言われていた理由を今実感しています。今まで基礎練でやるべき課題や取り組み方を分かっておらず、結果として無法地帯のようだったところを、こつこつ指示されたものを日々続け、徐々にわずかながら治っていっているようなところにちょっとした達成感を味わっているこの頃です。

台風も過ぎ、ようやく青い空が見え始めていますが、朝晩と昼の寒暖差が激しくなっています。乾燥もすごくて歩いているだけで喉がカサカサしている気分になります(^^;;
風邪に気をつけてお過ごし下さい。

明日は、弦セクでは初めての病院の方の練習です。乗る人数が少なくて大変だと思いますが練習頑張りましょう(・Д・)ノ

16M 黒田夏花

秋はもう終わったんですね

こんばんは。新しく外務を務める16PでHrパートの桑原です。最近の悩みは自転車の調子が悪くて3週連続でサカキバラに通っていることです(´-`)

10月18日(水)の部活はセク練でした。金管は基礎練→パート練→セク練という流れでした。ウィンターコンサートの初tuttiで見えたそれぞれの曲の課題をみんなで確認しました。先輩や後輩、同学からのいろいろなご意見を聞けたのでそれを参考に演奏をよりよくしていきたいです。

今回部日誌を書くにあたって、入部した時に書いた部日誌を見ようと思ったらもう1年半くらい前でした。時が経つのは早いですね。

あのころはホルンの唾を抜くことすらできないほどの初心者でした。初めてのオケで、いつも自分が吹くところでドキドキしてたのを覚えています。それから時が経ち、出来ることが増えた分、目標や課題も増えました。でも辛いばかりではなく、部活も自主練も前よりもっと楽しくなったと思います。(ホルンの唾抜きも完璧になりました。もうピスピスいいません( ´_ゝ`))

最近がくっと気温が下がり、秋を通り越してもはや冬を感じます。私は豪雪地帯出身で、それを言うと「じゃあ寒さに強いんだね」と言われることがよくあります。そんなことないんです。寒いものは寒いんです。もう着る毛布が手放せません。

風邪をひかないように部活がんばりましょう( 'ω')و

16P 桑原佐季

13日の金曜日

※タイトルが不穏ですが、本文に某殺人鬼は登場しません。あしからず。

10月13日(金)は、講堂でウィンターコンサートの曲の学生tuttiをしました(フィンランディア・そりすべり・新世界より)。これで、楽譜が届いていない美女と野獣以外はひと通り初合わせが済んだことになります。

私は新世界を振らせてもらったのですが、想像以上に難しかったですね…!もしかしたら今回の曲目の中で完成させるのが一番難しい曲かもしれません。
と言うのも、この曲は気合を入れて作り込んでいかないとお客さんに楽しんでもらえない曲かなと思うからです。あまり普段クラシックを聴かない方にとっては、ゆっくりの曲はそれだけで眠たくなってしまうことがあるようなので、響きの一つ一つを目の覚めるような美しい音にする必要があります。
個人的にも思い入れのあるとても好きな曲なので、皆さんと頑張って綺麗に仕上げていきたいです!
その他の曲も、初合わせでそれぞれ課題が見つかったと思います。しばらくセク練やパート練が続くので、その時間を使って解決していけるといいですね。

申し遅れましたが私、コントラバスパート3年の伊藤美羽と申します。現在、学生指揮と外務を務めさせて頂いております。
至る所で自分の力不足を感じていますが、頑張っていくのでよろしくお願いします!練習日程や練習内容などで意見があれば、下級生の方でもぜひ聞かせて下さい。

13日は、前日より最高気温が10℃近く下がった寒い日でした。秋ですね。皆さん衣替えはお済みでしょうか。私は秋物を引っ張り出してきたけど夏物が出しっぱなしなので、押し入れに雪崩ができています。
ちらほら体調を崩してしまっている方もいるようなので、どうぞご自愛ください。

ここでひとつ。
「おう熊吉どん」「なんでえ与吉どん」「おめぇさん、こないだまで毎日氷菓子ばーっかり食ってたのに、今日は団子かい」「そりゃ、"あき"がきたからでえ」
おあとがよろしいようで。

医学部3年 伊藤美羽

つらいとき、苦しいときには…?

こんにちは。新歓隊長のときに投稿して以来なので、1年半ぶりの投稿です。

今年度、外務、運搬車を担当します、医学部3年の浦上尚也と申します。
大変なこともあると予想していますが、前向きに乗り越えてゆこうと思っています。
そして無事に仕事をやり遂げた暁には、ちょっといいお寿司を食べに行こうと思っています笑

以下は、私に人間の、自分の可能性について教えてくれた本の抜粋です。
日頃、生きていると色々と不安に思うこと、苦労もありますが、力を与えてくれる。
そして明るく、生き生きと、積極的に生きることもできるのだということを教えてくれた本です。
多くの本を私は読んできたつもりですが、これ以上の本には出会ったことがないので、紹介します。
特定の宗教・団体と一切関係ありませんのでご安心下さい。興味のある方は是非読んでみてください。
あ、ダメだ〜と思った方は申し訳ありません。ここから先、読まないでください。

「臆病も人間としての情の自然な発露です。私はいつも人生とは対照の中で営まれている。愛の倒錯したのが憎しみであり勇気が倒錯したのが臆病である、と申し上げております。いずれも本質において同じ棒の両端を表現したものです。また私は低く沈むことができただけ、それだけ高く上昇することができるとも申し上げております。臆病を勇気に、憎しみを愛に変えることができるということです。この考え方がとても受け入れ難い人がいることでしょう。が、これが私の考えです。人間の精神にはさまざまな複雑な感情や想念が渦巻いております。それをうまくコントロールするところにあなたの成長があり進化があり、低いものが高いものに転換されていくのです。それは、良いとか悪いとかの問題ではありません。一つの感情が発露したものでありその人の個性の一部であるというまでのことです。たとえ表に出なくても内部にはあるわけです。怖いという気持にならない時でもどこかに潜んでいるわけです。私が言わんとしているのは、そうした感情がいかに陰性のものであってもいかに好ましからぬものであっても、あなたにはそれをより高度なものに転換する力が 具わっているということです。」

「口にする言葉や心に信じることではありません。頭で考えることでもありません。実際の行為です。何一つ信仰というものを持っていなくても、落ち込んでいる人の心を元気づけ、飢える人にパンを与え、暗闇にいる人の心に光を灯してあげる行為をすれば、その人こそ神の心に叶った人です。」

「自分に正直になり、最善を尽くす。それだけでいいのです。宗教的信条や教義などは必要ないのです。自分はいま何を為すべきかを素直に認識するだけでいいのです。その心掛けを日常生活で徹底させれば、決して道を誤ることはありません。この物質界に誕生してきた目的を成就させていることになるのです。また世間から隔絶し社会への義務を果たさないで宗教的ないし神秘的瞑想に
耽っている人が大勢いますが、そういう人たちは一種の利己主義者であり、私は少しも感心しません。」

「あなたはあなた自身の行為に責任を取るのです。その行為の結果を自分が引き受けるのです。これからもあなたは過ちを犯します。そしてそれに対する償いをすることになります。そうした営みの中で叡智を学んでいくべきなのです。過ちを犯すために地上へ来たようなものです。もしも絶対に過ちを犯さない完全な人間だったら、今この地上にいらっしゃらないはずです。過ちも失敗もあなたが不完全であることから生じます。しかし、転んでも起き上がることができます。取り返しのつかない過ちというものはありません。新しい希望と新しい可能性を秘めた新しい一日、新しい夜明けが必ず訪れます。」
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ