今年もあと少し

こんばんは。ヴィオラの河田です。
偶然にも去年も選曲飲みの後に部日誌を書いて、あれから1年経つと思うと感慨深くなります。

幹部になって、譜面選曲の仕事をすることになりました。主にやっていることは選曲会のセッティングと楽譜のスキャンです。
今回初めての春期定期演奏会を行うということで準備においても大変なことがたくさんありましたが、ふせんとして携わった今回のプログラムにはとても愛着があります。なのでパートセクションに関わらず、忙しい中来てくださる幹部上の方や初心者の子達が、今回の曲目を真剣に練習している姿を見るととても嬉しく感じています。

個人的にはいっぱちは、ずっと弾いてみたかった曲で冒頭のソリや目立つメロディーはかなり気持ちを込めて弾いてます。ただ全力で弾いてしまうため開始1分くらいでもう力尽きてて、トップなのにカウントや音量に気を配れるほどの思考力がなくなってしまうのを最近反省しています笑
先週の先生tuttiでは全力で弾いた結果、9月の本番の白鳥湖以来ぶりに弓の毛が切れて、曲に対するテンションはもう本番並みかなって切れた毛を見て少しニヤリとしてました笑、今後はもう少し冷静に神成先生の指揮を見ながら音楽ができればいいです。

チャイ5も個人的には思い入れがあって、高2の秋に1度弾きました。あの頃は音符を追うことだけで精一杯で、ここのメロディーはこんな強弱変化だったのかとか、ここで他のパートはこんなメロディーを弾いていたのかとか、改めて曲を弾いたときに色々なことが見えるようになりました。最初に弾いてから4年経って、やっと世界が広がったような気がします。スコアを見ながらプロの音源を聞いてもう少し頭を使うべきなんだなと思います。
春定演まで残り3ヶ月を切りましたが、頑張っていきたいです。

最後に先日あった選曲飲みについて書きますが、個人的には去年以上にとても楽しかったです。3年半の集大成に思いをはせ、どんなプログラムが良いなとかこんな練習をしていきたいとかみんなと話すことができて、少しずつ定演が近づいてることを実感しました。今の幹部のみんなとこれから一緒に頑張っていくことがとても楽しみです。

春定も定演も良い演奏会にしていきましょう!
最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ