筋トレのすゝめ

副部長と広報やってました込山です。やたら動画のリンク送ってくるナオトの正体です。今日の先生tuttiの動画編集しながらこれを書いてます。
僕の前の人の部日誌の内容に比べてふざけが過ぎるタイトルですけど、まず一番書きたいのはそんなことではなくて、僕はゐのはな音楽部に多大なる感謝をしているということです。広報って仕事は意外と多岐に渡っていてしかも細かくて、僕の性格上、もう2人の広報はじめ幹部の皆さんにはたくさんお世話になりました。演奏じゃ役に立てないので、その分もっと部のために動ける人間でありたかった気もします。でもゆるふわな幹部で平和に過ごせてよかったです。そしてなにより、ゐのはな音楽部は本当にアットホームで、かけがえなのない出会いに感謝が尽きません。ありがとうございました、そしてこれからもよろしくお願いします!

さて、音楽については本当に何も書けないので、筋トレです。タイトルに惹かれて読んでるという皆さんの中でも、大学入学した時から太った自覚がある方は是非読み進めてください。大学入って太る理由は挙げればいくらでもでてきます。美味しいものを食べる機会と量が増えた、夜遅くに食べたり栄養が偏ったりで食生活が乱れた、飲み会でお酒による摂取カロリーが増えた、運動部だったけど大学で音楽部を選んだから運動量が減った、などなど。ちなみに高校でも吹奏楽やオケで文化部だったって人、音楽してる間ってまあまあのカロリー消費があるみたいなので、練習回数が週2に減ってオフも長くなったというだけで、日々の消費量が減っているかもしれません。例えば60kgの人が150分フルで楽器やると、ご飯茶碗一杯ちょっと〜食パン2枚分くらいのカロリー(300-400kcal)が消費されてるみたいです。通いやると疲れる訳ですね。ちなみにトロンボーンの運動強度が一番高いらしいです。
大学入ってたるんだ身体に筋トレで喝を入れましょう!筋肉をつけると代謝があがり、脂肪燃焼の効率が上がるというのが基本の原理になります。ダイエットという側面が一番気になるところだと思いますが、筋トレをすることによって、姿勢がよくなるし体力がつきます。将来つく職業を考えたときに、疲れにくい体を手に入れられれば一石二鳥ですよね。楽器をやるときだってもっとパワフルな音に繋がるかもしれません。メリットは話し出すとキリがないです。
筋トレも楽器と同じで継続が大事です。だからおんぶの方たちはそういう意味では向いてる気がします。ツラいからできないって言う人いますけど、僕からしたら答えのない音楽やってる方がよっぽどツラいです。筋トレは成果が目に見えます。それに筋トレ初心者は、ちょっとキツいなくらいからやれば十分で、週2,3を3ヶ月やれば間違いなく体に違いが出てくると思います。失敗する人はだいたい強めの強度から入るパターンが多いです。
代謝を上げるという観点からすれば、大きな筋肉を鍛えるのがbetterです。胸、背中、腰、腹、脚がポイントになりますが、この中でダントツでおススメしたいのが脚です。脚の筋肉は大きくて密なので、全身で最も消費カロリーが大きいです。また下半身の血液のポンプの機能も果たすので、冷え性に効果があったりもします。女性は脚が太くなることが気になるかもしれませんが、鍛えると同時に脂肪も燃焼されるので、引き締まった見た目となり、細く健康的に映ります。ということで一押しのエクササイズはスクワットです。脚のどこを特に鍛えたいとかでフォームが少しずつ変わってくるので詳しいことは割愛しますが、まず正しいフォームを習得するのが難しいと言われています。鏡を見ながらやると掴みやすいです。10回×3セットをなるべくゆっくり、2日おきにでもやるといいと思います。
これだけでは少し物足りないと思った男性陣!やっぱり腹筋を割るのはロマンがありますよね!?ということで、腹筋ローラーの購入を全力で勧めます。これも正しいフォームがまず難しいんですけど、最初は膝をつく姿勢のバージョンで、体を伸ばせる限界のところで壁に当てて負荷を下げながらやりましょう。詳しくは調べてほしいですが、ローラーは腹筋にめちゃ効く最高のアイテムだと思います。
ここまで読んでくれた方はほとんどいなくなってると思うので、もう終わりにします。興味あるよって人、打ち上げでいくらでも話します笑 でも打ち上げでは絶対脱ぎません。あと筋肉痛で定演迎えられても責任取れないので、演奏会終わったら始めましょう。
定演までラストスパート頑張りましょうー!

Ob 込山大智
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ