白鳥もいいけど、ハトもいい!

はじめまして!医学部1年の一木です。

昨日の練習は、県文で学生tuttiでした。(投稿遅れてごめんなさい。)私の乗り番は、白鳥の湖のトランペット(セカンド)のみなので、それまではサークル会館で練習していました。が...


「暑いです」

もう本当に...。でも、練習中にヒグラシの鳴き声が聞こえたので、サークル会館にいて良かったと思いました。和みます。
もう夏ですね~。私は夏が大好きなので嬉しいのですが、時が経つのは速くて悩みどころです。入部してから2ヶ月、新歓の頃から数えると3ヶ月です!そして私のトランペット歴も3ヶ月。高校生の時から憧れていたトランペットに大学生になってチャレンジできるとは思いもしませんでしたが、3ヶ月で多少は演奏に参加できるようになれたので、嬉しい限りです。(もっと練習しないといけません!)

私のトランペットに憧れた理由は、「ハトと少年」を聴いたことでした。もともと久石譲さんの曲は大好きで、その流れで知ったのですが、あの曲は本当に神曲です。先輩が演奏していると、思わずにやけてしまいます笑。最近ハイベーがなんとか出るようになったので、演奏できる日も近づいてきたかと思うと...( ´,_ゝ`)ニヤニヤ

まあ、その前に白鳥を何とかしないといけませんね。初心者にとってはテンポが速いと感じる曲なので、まずはタンギングを磨きたいです。サークル会館は暑いですが、負けずに頑張りますので、これからよろしくお願いします!

(でも、ハトと少年もこそっと練習します)


[追記]先輩の部日誌を参考にしようと思い見ていたところ、新歓の呼び込みが、「奴隷市」と表現されているのを目撃し、一人で爆笑しました。

18M Tp 一木
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ