刺さるアヒルちゃん

こんにちは、卒業生5人目はクラリネットパートのきまです。
1年生のなかにはしゃべったことない人もいると思うので簡単に自己紹介をすると、定演でレプレのトップを吹いてました。あと最近はバスクラをぶいぶい吹いてます。残り3ヶ月ですがお見知りおきを。

書きたいことがたくさんあって、何も考えずに書き始めたら優に4000字を超えてました。(30ツイート分か。別に大したことないな…。)のでいったん全部消して書き直している次第です。だらだらと自分語りをするのもあれなので、これから先音楽部を引っ張っていくみんなに伝えたいことを一つだけ。

どうせやるなら本気でやったほうが楽しい。
くっさいしありきたりだなと自分でも思うのですが、やっぱりこれに尽きると思います。何回も何回も吹いて、やっとつかめたと思ったら一周回ってまたわからなくなって、ぶつかって、ひねり出して、くらいついて…。まずそうやって自分がたくさん練習すると自然と周りを聞く余裕が生まれるんです。周りが聞けるようになるとクラシックって本当によく考えられて作られてるんだなあって。ハイもう楽しい。ここでこの楽器がこんなことしてたんだとか、全く違う動きをしてたパートが一瞬目線を交わすように触れ合うところとか、そういうの見え始めるのすっごく楽しい。部員とここが好き!って言い合ってそんなかっこいいとこあったんだ!って気づくのもいいし作曲者の生い立ちを調べてここの旋律はそんな思いが込められてたのかって発見するのもいい。楽しい。そして奏者としてそれの一部になれる。こんなに楽しくて気持ちいいこと、他になかなかないと思います。 そのために何が必要かって、もうとにかく練習なんです。楽器を弾くでも音源を聞くでもスコアを読むでもいいと思うんですけど、曲と向かい合った分だけ音楽は私たちに楽しさをくれるんです。
こんなに人も楽器もそろっている大学オケ、他になかなかないと思います。(サ館は寒いけど)せっかくオーケストラを楽しむ環境があるので、一人でも多くの人があのぞくりとする楽しさを味わえたらいいなと思いました。終わります!なんか説教くさくなっちゃったや、わはは!!


この文章、クリスマスに研究室のパソコンから書きました。うーん限界!
最新記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ