シンバルできます!

こんばんは。ヴィオラ2年の河田です。久しぶりの部日誌です!人数増えているので1日3人くらい書いてもいいのでは?と思います笑

今日はクリコンの練習でした。管がいなくて少し寂しかったです。その一方で、冬コンはいつも狭い1プルでぶつかりながら弾いてたので、今日はのびのび弾けました。


先日、定演の選曲会がありました。僕は幹部やパトリでもなく、自分の好きな曲も既に切られていたので、気楽な気持ちで行ってきました。直井先生や内山先生の曲の解釈や解説のお話はとてもアツく、聞いてるだけで楽しかったです。
印象的だったのは、難曲でもみんなが積極的に練習したい曲ならそれでいいという先生方の姿勢でした。
最近自分の中にあった音楽に対するモヤモヤした気持ちが、先生たちの言葉で少し晴れたような気がしました。

一方で「積極的に練習する」ことの難しさも最近実感しつつあります。意見を言う形だけでなく、音の入りを揃えるとか音の圧力を揃えるとか、意識を向けてみんなが音楽をするってことが、積極的に音楽するってことなのかなとも思ったりします。難しいですね笑

選曲会の途中で冗談で「あみだくじで決めよう」ってなった時がありました。僕はそれでいいと思いました笑。先生たちが大切にしてるのは、どんな曲を弾くかではなくどんな気持ちで曲を弾くか、だと少し気づけたような気がします。

取り敢えずどんな曲になっても頑張って練習していきます。、、、、が、モルダウは受け入れたくないです笑。
実は高3の時に、引退した部活の後輩の演奏会で人が足りなく、シンバルでモルダウ乗ったことがあります。ぜひ、パーカスの方は検討してください。
採用されなければ、ヴィオラのゴリゴリの濁流メロディーを聴かせられるように練習頑張ります。

取り敢えず、明日のクリコン楽しみましょう!
最新記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ