内務、副部長

看護学部3年、バイオリンパートの宮下まどかです。1年間、「期限を守ってください!」とか「時間通りセッティングに来てください!」を口癖のように言っていたにも関らず、なかなか書きたいことがまとまらず、 投稿が遅くなってしまい申し訳ありません(T_T) お許しください。
私は副部長、内務、バイオリンのパートリーダーを務めさせて頂きました。パートのみんな、部活のみんなが快適に部活をできるよう、裏で動くお仕事が多かったですかね。そのおかげで、自分の仕事ではなくても、部活のために働いてくれている方がたくさんいるということに気づくことが出来ました。休日に集会室の掃除をしてくださっていた方がいたり、部室のゴミを捨ててくださる方、除湿機の水を捨ててくださる方などなど…。そのような方々を見るたび、本当にゐのはな音楽部は素敵な部活だと実感しました。

さて、幹部としての最後の部日誌、何を書こうか迷ったのですが、私が1年間ずっと考えていたことを書きたいと思います。
毎年部員が増えている音楽部、本当にありがたいことで、嬉しいことです。でも人数が増えれば増えるほど、サボろうと思えばサボれることがたくさんでてきますよね。しゃべっていても、誰かが掃除をしてくれて、椅子や譜面台を運んでくれる。でもこれをみんなが思っていたらダメなんですよね。人が多くなるのはすごく嬉しいことなのに、それによって一人一人の主体性とか責任感が薄れていってしまうのは、とてももったいないことだと思うんです。オケでは、一人一人に役割があって、みんなとても大切な存在で、いなくていい人はいません。演奏面でも行動面でも、自分の役割や、皆のためにできること、すべきことを一人一人が考えていけると、これからの部活ライフがもっと充実したものになるのかなと思います。
なんかすごい偉そうですね(^_^;)ごめんなさい…

幹部としてのこの1年、本当にたくさんの方々に支えて頂きました。特にバイオリンの同期4人には、本当に感謝しています。いつもありがとう。これからもよろしくね。
音楽部のたくさんの愛を感じた1年間、卒業までにできるだけたくさん恩返ししていけたらなと思っています。
最後になりましたが、定演まであと少しです。会場にいるみんなが最高の定演だったと思えるよう、幹部として運営も演奏も全力で頑張ります。
悔いの無いよう、楽しみましょう(^^)

副部長、内務、Vnパトリ
宮下まどか


内務と副部長を一年間務めさせて頂きましたVn.パートの石川瑠惟です。

久々の部日誌ということで過去の投稿を振り返ってみたら初々しさ全開ですね。
この前たけさんと「医学部は無駄に歳をとる」って話をしたのですが本当に気づいたら幹部も終わろうとしています。

幹部が始まる直前は役職の仕事を熟せるのかとそればかり考えていましたが、始めてみると内務の打ち上げセッティングは色んなお店を知れて楽しく、代理で運搬の車を出すのもワクワクしながらやっていました。
その一方で、周囲への気遣いが足りなかったり注意するべき所を甘く見ていたりと反省することも多々ありました。
そのような状況で今日まで14M,15NPが幹部として続けて来られたのは、幹部上からのアドバイスや支えてくださった後輩の方々のおかげだと思います。
本当にありがとうございました。

最後に、定演まであと3日ですが練習してみるとまだまだ上手くなれるな、と思う箇所がたくさんあります。
これまでも必死に練習してきたはずなのにと正直辛くなったりもします。
今どんな風に練習したらいいのかっていうのは人それぞれだと思うのですが、音楽は本当に楽しめる人が上手くなっていくんだなってこの4年間で思いました。
だから、僕は今この瞬間に時を同じくして演奏できるゐのはな音楽部の人達との時間を楽しみながら演奏会が終わるまで弾いていきたいと思います。

医学部4年 石川瑠惟
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ