まほうつかいっているのかな?

こんにちは! 学指揮&副部長のくわなです(*´▽`*)
寒くなってきて、クリスマスも少~しずつ近づいてきましたね。
皆さんは、サンタさんっていつまで信じてらっしゃいましたか?
サンタさんとはちょっと違うんですが、今日は魔法使いのお話をちょっとだけさせてください。

最近やっと気付いてきたことがあるのです。
それは 魔法使いなんて多分いないんだろうなってこと。

そんなの当たり前って笑われちゃうでしょうか。
私も分かっているつもりだったのですけれども、やっぱり魔法使いがいるんじゃないかって心のどこかで思っていました。
tuttiがすごく楽しくて、しかも短時間でみるみる上手くなっちゃうような、「tuttiの魔法使い」の指揮者さん。
いたらいいなぁって思いませんか?


先生tuttiで それまでもやもやしていたところの方向性がパッと見えてきた時だとか、
練習を見ていて 皆の音がまとまるようになったり 表情がついてきたりするのが自分でもわかった時だとか、とってもとっても驚きます。

でも、そんな素敵な変化が起こるのは、魔法を使ったからではないんでしょうね。
その曲を丁寧に見つめて、どこをどんな風に練習したら良いのか考えて、
そして何より、このメンバーでこの曲を演奏できるという時間や空間を大切にする。
そういうことができた時に、ぐーんとオケは良くなるのかなって思います。

だから私は、いのはな音楽部で演奏する曲一つひとつや、音楽部の皆さん一人ひとりと、いっぱい向き合っていきたいと思います。

上級生が初心者の子に隣で入りを一緒に数えて教えてあげているのにほっこりしたり、
この間まで幹部だった先輩や同輩が その頃よりもちょっと肩の力が抜けた感じで楽しんでいるのが伝わって しみじみしたり、
一緒に幹部をしている人たちが 忙しそうだけれど今まで以上に生き生きとしているのに気づいて嬉しくなったり・・・。
そういうちょっとした瞬間が毎回とても幸せです。


そんな幸せをもっと形にするために、最近はtuttiについてのアンケートをしてみたり 「おんがくぶ通信」なんてものを出してみたり、色々やっていますね。そこにある思いは全部一緒なのです。

楽器を始めたばかりの頃の不安や何がわからなかったのかというのを常に忘れず、でも目指す音楽はできるかぎり高いものを。そして一緒にいてくれる周りの人を大事にすれば、「魔法」なんて使えなくても、いのはな音楽部はもっともっと楽しくて もっともっと素敵なところになるはずです。

これからの1年で、やりたいことをたくさんやってみよう、私自身が音楽を楽しもうと思います。
そして部員の皆さんが、オケって楽しいなとか、いのはな音楽部が好きだなとか思える瞬間があちらこちらに散らばっているような1年になったらいいなと心から思います。


やっぱり今回もすごく長くなっちゃいました(*・・)
部日誌って本来は部活の内容を記録するものなんでしたっけ!笑
17(金)はレミゼとシンコペとくるみとそりのtuttiでした!ちょっとずつ曲の雰囲気もつかめてきて良い感じです♪
それでは(^O^)
最新記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ