オケが叫びたがってるんだ。

ホルンパートパトリ、会計の医学部4年よだなつみです。
本番が一刻一刻と迫り、緊張感で常に張り詰めております。いよいよですね。
前回のtutti で直井先生が、『ブラームスが何故そこにそういう音をかいたのか、ブラームスの気持ちを理解しよう』という様な事をおっしゃっていました。それについて考えたので書きますね。ブラームスの曲を書いていた時の想いを理解した演奏をするには、『私達は譜面に書かれてるから、そこでその音を出してます。』、『タイミングあああ〜ずれちゃった。汗』みたいな演奏ではなくて、まるで即興の様に、アドリブの様に自然に、『今まさにこう歌いたいたくて、吹くんです!』、『あの楽器のメロディーに対して、こう応えるんです!』という雰囲気が感じられる演奏にすべきなんだろうと思います。
それは、あるチャイ5の演奏を聴いていて、そう思いました。まるで譜面なんか本当は無くて、いろんな楽器それぞれが、心から今そのメロディーを歌いたくて、歌ってるんじゃないかと感じられる演奏でした。
でも、本当はそれをするには譜面に書かれてることをよく理解して、無理無く、ジャストなタイミングで音に起こせる技術が必要なんでしょうね。台本を読みこんだ上で、完璧に演技する俳優の様な。それを目指すのが私達の練習なのかもしれません。

去年定演の打ち上げの時、私はこれからパトリとして演奏面で中心的役割になること、特にメイントップを吹くだろうことが、自信がなく、不安で不安で仕方ありませんでした。選曲の過程でも技術面の不安から、いろいろ我儘を通してしまったかもしれません。結果、ブラームス交響曲第1番になり、個人的にとてもやりたかった曲だったので、これがメイン決まった時はとても嬉しかったです。ですが、ホルン1stは自分にとっては大役過ぎて、本当に自分で良いのかなと悩みました。それでも、ホルンに出会って三年ちょっと、せっかくだから一生に一度であろうメイントップを吹かせてもらおう!と開き直って今に至ります。
本当に人に伝わる演奏をするには、伝える技術が必要なんでしょうし、それは求めたら上はきりがなく、自分には全然足りていないのかもしれません。ですが、4年間という限られた時間で自分なりに向き合ってきたつもりではあります。今まで培ったホルン力フル活用で、自分のパートを心から演じきって、『私が歌いたくて歌うんだ!』という雰囲気目指して、最後まで吹ききりたいです。

最後になりましたが、いつも一緒に頑張ってきた14金管の4人、楽しい部活をありがとう。
学指揮のあんざいを始め、練習をみてくださった方々、温かく根気強く教えてくれてありがとうございます。
幹部の皆さん、仕事出来なくてすみません、定演成功させましょう!

合宿後、初の部活♩

こんにちは、Hrnパートの17N蓑原です。

今日は夏合宿が終わって、初めての部活でした。セクション練習ということで、金管では講師の先生にみていただきました。合宿での練習が生かせるように、今日からの練習も頑張っていきたいと思います。

名前についてです。
私の名字は、あまり聞かない「みのはら」というのですが、飲食店でカタカナで「ミノハラ」と名前を書くと、ほぼ毎回「シノハラ」さんに間違えられてしまいます。最近は訂正するのも面倒くさく、「シノハラ」になりきることにしています。

暴露話です。
夏合宿でのエピソードです。夜になって、星を観に何人かで海へ行ったのですが、そこで流れ星をみることができました。ですがあまりに一瞬のことで、私も含め誰も願い事を唱えられませんでした…。もったいないことをしてしまいました。

これで終わります。
演奏会までの残りの時間も、充実した時間にしたいと思います!

今日から通い合宿♩

こんにちは、Hrパートの17N西原です。

今日から通い合宿が始まりました。今日は学生tuttiでした。
今日は部室から3Dという教本が見つかり、降り番の人とその教本を使って基礎練がたくさん出来たので楽しかったです。
3日間連続の練習で大変ですが、今よりもレベルアップできるよう頑張りたいです。

名前についてです。
私の名前の最後には、いまどき珍しく「子」という文字がついてます。これは曾祖母から続いており、祖母も母も妹たちもみんなついています。

暴露話です。
私はまだ、亥鼻蚊に噛まれていません。噂によれば、とんでもなく痒くなるらしいということですが、今夏は一つも噛まれずに終えたいと思います。

これで終わります。
これからよろしくお願いします!

楽器が嫌いになったら…

素敵な人柄の溢れたぺこさんの次に投稿するのは気が引けますが…

追いコン8日前の部日誌を担当します、ホルンのほづです。
(名前検索引っかかり防止のためにあだ名で失礼)

昨日はあたたかさ溢れる追いコンをありがとうございました。
予想外に激アツなプログラムになってしまった0次会の演奏もひとつひとつ懐かしくてニヤニヤしちゃいましたし、ホテルでの送別会も美味しい料理とともにご無沙汰していた同期・先輩方・そしてたくさんの後輩に囲まれて幸せなひとときでした。

さて、1/13(金)のことを書きます!
スプコン練習2日目、全曲tutti(初合わせ)でした!学指揮のおふたりお疲れ様でしたm(_ _)m
今回も1曲1曲がとてもボリューミーでなんだかアドレナリンが出てきそうなプログラムですよね。笑
たぶん大変なこともたくさんあると思います。でもそれを乗り越えることで成長でき、幸せはその中にあります。(某後輩(Tb)からのメッセージより引用)
わたしにとっては音楽部での最後の演奏会。本番は笑って楽しんでニヤニヤして演奏できるよう、ベストを尽くしたいと思います。

最後に、追いコンで緊張して言葉足らずになってしまったので少しだけ。
気になる人だけ読んでください。
(あのときの緊張感と吐き気は、学務に成績表を受け取りに行く日の感覚に似ていました。テストもスピーチも、準備不足で迎えるのよくない🙅)

わたしが音楽部に入って2年間のセクリ業を経て成長したことのひとつは、音のキャラ設定やシーンを想像(妄想)する楽しさを覚えたことです。某学指揮も言ってたような気もしますが…
おかげさまで大学生活がカラフルだったと言っても過言じゃないです。(なんだか2次元好きオタみたいに聞こえますけど別にそういうわけじゃない)

例えばわたしは食べものと自然系ドキュメンタリーが好きなのでそういう系が多いのですが、「いくらっぽい、繊細だけどつるっとした音」「ふかふかのパンみたいな音」「山椒の小粒でもピリッとした感じの音」「黒に映える真珠がスローモーションでぽとんと落ちる瞬間の澄んだ音」「霞んだ空気みたいな音」「子供たちが胸を躍らせて塔を駆け上がるシーン」「蝶々が飛んきて小舟を漕ぐ手を一度とめ愛でるシーン」「どんよりとした雲、凍てつくような寒さで植物もない家もないシベリアの世界」「赤茶けたレンガ色と深い緑が織りなす風景」……言葉にすると気恥ずかしいのですが、こういうのを妄想してました。結構面白いですよ!
それこそ「小栗旬みたいな音」とか「逃げ恥の第○話のあのシーン」なんてのでも、伝わるならいいと思います!笑

指が回らないとか、ハイトーンがあたらないとか、音を並べる難しさを克服するのも必要ではあるんですが、今はおいといて……

こういう妄想を実際どう音で表現すればいいか、そのコネクションの仕方を知っていてすぐに実行できるのがプロなんだと思います。

私たちはプロと同じことができる必要はなくって。ピアノとかソロ楽器だったら1人でなんとかしなきゃいけないわけだけど、オケは周りにたくさん仲間がいる。イマジネーションが得意な人と、音の出し方のバリエーションを持つ(学んできた)人が相談し合えば(=interactionすれば) もっとお客さんに伝わる積極的な演奏ができるんじゃないかなー、音楽をみんなで楽しめるんじゃないかなーって、そういうことが言いたかったんです。

楽器難しくてもう嫌!大嫌い!って時はちょっとこのことを思い出してみてください。観客のつもりで聞けば、曲を好きになれるかもしれないし、やってみたくなるかも?


少しのつもりがだいぶ長くなってしまったので、ここらへんでもう締めます!

あと2年間(大学院)の学生生活、人生初の帰宅部となるのでドキドキします(笑)
2年間だけは楽器をサ館の隅っこに置かせてもらうので、わたしをどこかで見かけたら是非「あ、おつかれさまです〜」って言ってくれると喜びます!
ではでは!みなさんの音楽部生活が楽しいものとなりますよう!

見上げてしまいます。

こんにちは。ホルンパートパトリ、会計のよだなつみです。
11/30水曜日の練習は同窓で学生tuttiでした。
12/2金曜日の練習は県文で学生tuttiでした!

冬は空気が澄んで、空が高く、青く澄んで気持ちが良いので、つい見上げてしまいますね。
同窓の天井も高くて、音が良く響くので、上を見上げてしまいました。
病院の新外来棟も吹き抜けで良く響くので、クリコン本番がドキドキです。

私は初心者はじめながら近頃は医オケにのっていろいろ勉強させてもらっているのですが、意外にもそこで思ったことは、
自分の大学のオケっていいなあ、ということです。
医オケでは規模が大きくて、金管も人がいっぱいいて、パート内でも乗り番が合わなければ会話せずに終わる人もいるくらいです。tuttiではそれこそ知らない人ばかりです。
一方、いのはなでは毎週二回会う人達で、同じキャンパスで生活している人達で、顔がみえるというか、知っている人達で構成されていますよね。そうすると、だいたいどんな人か知っているので、相手のことを思いやりやすいし、音を合わせやすい気がします。
他の楽器もそうだと思うのですが、特にホルンは4つのパートで一つのハーモニーをつくる、4人の音が調和して一つのパートを作らなければならないので、そうなると、ずっと2年、3年間一緒にやってきた先輩、同期と合わせる方が知り合ったばかりの人と合わせるより格段に合いやすいなと感じます。

何が言いたいかというと、日々練習を一緒にやったり、いろいろ会話したり、お互いの仲を深めいくことで出来るものがあるんだろうということです!

ですので、いつも一緒に練習してくださる音楽部の皆さんにこの場を借りてお礼を言いたいです。
ありがとうございます。
私はホルン大学はじめで、いっつも至らないところがあってオケには迷惑をかけまくっていると思うのですが、定演でファーストを吹く機会をいただいたり、いつも楽しく吹かせていただいてありがとうございます!

そして、私と同じように初心者ではじめた方へ‥‥最初は何もかも難しく感じるし、思い通りになかなか演奏できなくて、時には辛く感じると思います。
上手い人が周りにいっぱいで、萎縮してしまうこともあると思います。
私もそうでしたし、そうです。
ですが、いのはなの環境はそんな私達も成長していけるし、みんな応援してくれるし、許容されるオケだと思います(そうであり続けてほしいと思います。)ので、安心してマイペースで一緒に頑張りましょう!!!

それでは明日もクリコンに向けて詰めていきましょう!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ