ドキドキの毎日

ホルンパートで入部した奥田桜佳です。投稿がかなり遅くなってしまい大変申し訳ありません。(2回分まとめて投稿させていただきます…)

水曜の練習は先生tuttiでした。毎回新しい課題が見つかるとともに、わかっているのに思い通りにならない自分の技術の乏しさとキャパの小ささに苦しむ毎日です。でもやっぱり合わせているとオケの楽しさを感じます。金曜はセク練とパート練だったのですが、私は補講のためにほぼ出られませんでした…パート練に少しだけ参加したのですが、改めて自分の演奏と向き合う良い機会になったと思います。定演まで残り2ヶ月を切りましたが、より一層頑張っていきたいです。

降り番の時にやっているデュエットが楽しい話は1つ前に同期が書いてくれていたので、私は練習からは離れて虫の話をしようと思います。(ちなみに私ももちろん同期や先輩をそれぞれすごく尊敬しています。)
亥鼻には沢山の虫と虫以外の厄介なやつらがいますね。サ館はもちろん、一見綺麗そうな講堂にもGやらムカデやらがじゃんじゃん出ます。私は決して彼らが"嫌い"ではないのですが、"怖い"のです。世の中には高所やら先端やら色々な恐怖症がありますが、そういうのの一つなんだと思います。それか先祖が虫にまつわる災難にでも遭ったのかもしれません。
友人や先輩曰く、虫よりも虫を見かけたときの私の反応にびっくりするそうです。ただこれは反射で自分では制御できないので、虫を見た私が人間じゃないような声を出していても気にしないでください()
高校の校舎が確か築80年くらいでボロ…趣があったので、それなりに良く虫には遭遇していたのですが、それをはるかに超える大きさと種類の虫にいつも動揺させられる日々です。机を少し動かしたりお手洗いに行ったりするだけでもドキドキするので心臓に悪いですね。
慣れられる気はしないですが、虫が出てきてもセク練やtuttiの進行を妨げないように心を強く持って頑張りたいです。

長くなりましたが最後までお付き合いいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


18P ホルン 奥田桜佳

ジングルベルが和風?

はじめまして!ホルンパートで入部した仲村です。

先日は久し振りにペア練とセク練をしました。

ペア練では1年のホルン2人でアンサンブルをやりました。とてもとてもとても楽しかったです。練習本に書いてある曲をいくつかやったのですが、大きな古時計になぜか見知らぬ続きがある、ジングルベルが途中から和風になっているなど、アレンジが独特で面白かったです。久しぶりのホルンアンサンブルだったことも楽しかったポイントの1つですね。大学にホルンのデュエットの教本があるためアンサンブルができる機会が多く、オーケストラや吹奏楽で吹くのとはまた違った楽しさがあります。

ハモる瞬間とか音が合う瞬間ってもう最高ですよね!!

そんな瞬間を増やせるよう、音程・音色・リズム感・初見力等、私自身にはまだまだ課題が多くありますが、少しずつ改善していこうと思います。

セク練はスラヴと白鳥湖でした。セク練では普段の合奏に比べ細かいところまで確認する事ができるので、吹き方はもちろん、特に和音やユニゾンの音程をいつもより厳格に合わせることができました。高音の音程が上ずりやすいのがよく分かったので、伸びしろだと捉えこれから修正していきたいです。

最近は中高に比べ練習時間が減りできなくなったことが多く悲しいです。ですが、やはり楽器を吹くのは楽しいので、初心に帰って目の前の課題を1つ1つこなしていこうと思ってます。あと個人的に先輩方+同期の音が好みなので、自分もそんな音が出せるよう少しでも吸収できたらなと思います。

これからよろしくお願いします!

18P ホルン 仲村美咲

スプコンと新歓に向けて

17N のホルンパートの西原真結子です。
部日誌を頼まれた日からかなり経ってしまい申し訳ありませんでした。

今日は、ホルンの先生がいらっしゃって、レッスンがありました。前回のレッスンから1ヶ月しか経っていませんでしたが、音が良くなっていると言われて、とても嬉しかったです。これからも頑張れる元気が出ました。

春休みに入って、もうすでに2週間も経ってしまいました。新歓の準備や実施も続々と始まり、忙しくなってきました。私はどれいいちの担当ですが、少しでも多くの18に音楽部に興味を持ってもらえるよう、気合を入れて頑張りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

晴れはいいですね〜

こんにちは。今期の外務になりました、16N Hrパートの中村優です。投稿久しぶりで緊張してます笑


外務ではクリコンと冬コンの担当をしてます。今年は、クリコンが例年と違う形式になり、新たに冬コンをすることになりました。
クリコンは入院されてる方や外来で病院に来た方を主な対象としていますが、冬コンは演奏をきくために来てくださった方を対象としてます。そう考えると、冬コンはどちらかというと定演寄りなのかなって思います。曲数は多いですが、今までより1曲ずつの完成度を高めるのが必要ですね。本番楽しんでできるように練習していきたいものです。
残念ながら外部のホールはとれませんでしたが、毎回本番の場所で練習できてるので本番をイメージした練習がしやすい!!と捉えてます。
新しいことも多くスムーズにいかないことがあるかもしれませんが、クリコンも冬コンもうまくいくように外務の仕事していこうと思っているので、よろしくお願いします(*'▽'*)



昨日は冬コンの管打練をしました。
ほかのパートが取り出されてるのをきくと、他パートのおいしい部分を知ることができて楽しいです。自分が吹いてる間、個人やパートは気にして練習してますが、もっと視野を広げて管打練やtuttiにのぞめるように音源きいたり練習したりしようと思いました。


管打練後にHr1617の4人でゐのさいのアンサンブル練をしました。tuttiでもホルンはほぼ4人で吹いてますがボックスなので、アンサンブルで顔を合わせながら演奏するといつもと違う感じで、新鮮です。ちょっとした表情の変化や体の動きや息を吸う動きなどを見ることができて、合わせやすく、一緒に曲を作ってることをじわじわ実感できて楽しいです。いのさい本番まであとすこしですが、楽しんだりいろいろ学んだりしながら仕上げていきたいと思ってます٩( 'ω' )و



最近寒いですね…
昨日は今期初マフラーでした。朝、なかなか布団から出られなくて大変です。
気温差が激しかったり、今週末また台風が来たりするみたいなので、体調管理や安全確保をしていきましょう!

16N 中村優

秋はもう終わったんですね

こんばんは。新しく外務を務める16PでHrパートの桑原です。最近の悩みは自転車の調子が悪くて3週連続でサカキバラに通っていることです(´-`)

10月18日(水)の部活はセク練でした。金管は基礎練→パート練→セク練という流れでした。ウィンターコンサートの初tuttiで見えたそれぞれの曲の課題をみんなで確認しました。先輩や後輩、同学からのいろいろなご意見を聞けたのでそれを参考に演奏をよりよくしていきたいです。

今回部日誌を書くにあたって、入部した時に書いた部日誌を見ようと思ったらもう1年半くらい前でした。時が経つのは早いですね。

あのころはホルンの唾を抜くことすらできないほどの初心者でした。初めてのオケで、いつも自分が吹くところでドキドキしてたのを覚えています。それから時が経ち、出来ることが増えた分、目標や課題も増えました。でも辛いばかりではなく、部活も自主練も前よりもっと楽しくなったと思います。(ホルンの唾抜きも完璧になりました。もうピスピスいいません( ´_ゝ`))

最近がくっと気温が下がり、秋を通り越してもはや冬を感じます。私は豪雪地帯出身で、それを言うと「じゃあ寒さに強いんだね」と言われることがよくあります。そんなことないんです。寒いものは寒いんです。もう着る毛布が手放せません。

風邪をひかないように部活がんばりましょう( 'ω')و

16P 桑原佐季
最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ