「生活者の音楽」

こんばんは。会計17M中出です。

水曜は学生tuttiで、新世界3楽章とスラブと魔弾をやりました。新世界ではトップをしていますが、毎回手汗がすごいです。手が滑るとA管とB管を持ち替えるときにジョイントが回らないので、焦って余計に手汗が出ます。毎回ヘマばかりこいてすみません。本番までには何とかします。

この間、蜜蜂と遠雷の映画を観てきました。原作は恩田陸の小説で、コンクールに臨むピアニストたちが描かれています。あらすじとしては小説の抜粋的な感じでしたが、何というかとてもよかったです。小説の中で「春と修羅」という新曲が登場していたので、それがどうしても聴きたかったんですよね。

このお話のメインキャラクターのひとりに、高島明石という人がいます。現役音大生ばかりのコンテスタントの中で、明石は結婚していて子どももいて、楽器屋さんで働いています。
明石の信条は、「生活者の音楽」の追求です。今ひとに本を貸していて引用できませんが、なんだかめちゃくちゃ良い台詞を言っていました。生活者の音楽ですよ? 生活者の音楽。

生活者の音楽。

考えたことありませんか。
わたしは間違いなく音楽家にはならないし、おんぶの皆さんもほぼ全員がそうだと思います。みんな日々音楽とは全然関係ない講義を受け、実習に参加し、テストに追いまくられています。じゃあ音楽って何なんだ? 試験勉強の時間を削ってまでやっているこれは何なんだ?

正直、音楽なんて無くても生きていけると思うこともあります。「音楽とか儲からないし歌詞とか適当でもいいよ」ってヨルシカも言ってますよね。そんな感じです。音楽とかテストに出ないし、病気がみえればそれだけでいいよ。

でも完全にそう言い切る勇気も無いから、わたしはここにいます。恵まれた環境にいるから呆けているけれど、楽器が、音楽が、この手から奪われたとしたら、実は生きていけないかもしれない。音楽がいらないなんて口に出すこと自体、思い上がりも甚だしい、恥ずべき傲慢なのかもしれない。答えなんて、出ないんですよね。

「春と修羅」後半のカデンツァは即興に任されており、楽譜上の指示はただ一言だけ、「自由に、宇宙を感じて」とあります。
そこで明石が弾いたのは、永訣の朝のあの有名な一節、あめゆじゆとてちてけんじや、を明石の幼い子どもまでが口ずさんでしまうような、本当に素朴で純粋な調べでした。

彼の姿に、わたしはある意味救われました。もちろん、明石と比べるのもおこがましいくらい努力も実力も足りない身ですけれど。プロじゃない、音楽家じゃないからこそ探し当てられる音があるのでは、そしてその探索のためなら、もうちょっと時間を捧げてみてもいいのではという気が、今は少しだけしています。

月並みな着地点ですね。音楽家でも文筆家でもないから仕方ありません。次にソロを吹くときには、一昨日誰かと作ったフレンチトーストのあったかい香りが乗ればいいと思います。生活者の音楽って、きっとそういうものなはず。

中出理紗子

あまりにも駄文です

こんにちは。小海祐太朗です。ご存知かとは思いますが広報と木管セクリやってます。幹部頑張ります。

今日の練習は新世界の初合わせでした。新世界には乗っていないので授業参観気分でたんたんの指揮を見てました。2年後にたんたんが堂々と指揮をしていたら感動ですね。

夏休みは時間があったので生パスタを作ってみました。安いパスタマシンを買って気分が上がっていた僕はすぐ生地を作りパスタマシンにセットしました。パスタマシンのローラーで生地を伸ばしていくのですが全くと言っていいほどスムーズに動きません。しかもなんか心なしか生地が汚くなった気がする。この時点でだいぶ不安だったのですが、気にせず麺に切り分ける所に伸ばした生地をセットしました。まだ期待を捨てきれない僕はワクワクしながら製麺しました。すると現れたのは縮れた細い中華麺みたいなもの。その悲壮感たるや、もはや笑うしかありませんでした。食べた時の感想は言うまでもありません。



こんな話じゃなくていい話がしたかった。
小海祐太朗

19、4人目はボキャ貧

こんばんは!19クラリネットパート山上紗弥です。
タイトルの通り、語彙力が赤ちゃんなので暖かい目で見てください。

今日の練習は、前中tuttiでした。
私は中に乗っていますが、初めてのオーケストラでまだ慣れません。でも、オーケストラには吹奏楽とは違ったサウンドがあってとても楽しいです。

最近は、自分の音と向き合って音色研究をしています。今まではB♭クラリネットでしたが、Aクラリネットを吹き始めてから、なんとなく音の抜けが悪い気がして好きな音色にならないのが悩みです。音色の追求は永久課題ですね。

さて、今回私は最近のマイブームについてお話したいと思います。私のマイブームは、ゲーム実況鑑賞です。特に、デスゲームが大好物です。この記事を読んでくださった方には是非デスゲーム実況を見ていただきたいですね。あ、自分でやってみるのもアリかもです。

さあ、稚拙な文章をつらつらと書き連ねてきましたがどうだったでしょうか。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後、音楽部の一員として頑張っていきたいと思います。

木管5人目です!

こんばんは‼︎
16Nの吉本 愛美です!
1年間、譜面選曲と木管セクションリーダーを務めさせていただきました。木管メーリスに明日のセク練予定を流しながら、もうこれで最後かあ…としみじみしてました。

譜面選曲、実はなりたくてなった役職ではなかったのですが、たくさんの曲を知る良い機会になったし、いのさいでは全団体のアンサンブル聴けたので楽しい役職だったな、譜選になって良かったなと思っています!


最近はセクリの仕事の方を中心にやっていたので、これからそちらを書きますね

1年前、どういう木管セクションにしたいかみたいな明確な目標が見つかっていたわけではありませんでした。みなさんは昨年の定演後の直井先生のブログ読みましたか?がみえるさんが合宿前のメーリスにも載せていました。ブログには「心を通わせ合う」というゐのはな音楽部のDNAについて書かれています。これを読んで、次の定演の時にもこのDNAが受け継がれているような木管セクションにしたいなあ…とぼんやり思ったような記憶があります。
それから1年がたちまして、いろんなことがありまして、振り返ってみると私は仕事も演奏もぽんこつだったことが多かったですが、何より木管セクションが、ゐのはな音楽部が、大好きになったことは胸を張って言えます!!(^^)特に木管16のみんな、一緒に並んでシベ1吹けるのほんとに嬉しいよ!
昨日のtutti中に直井先生が「一人一人が音楽して」とおっしゃっていました。その後の演奏は音楽部のDNAが受け継がれているような気がしました。

本番まで残り9日、このメンバーで演奏できるのもあと少しですね…通い合宿全通しの感想にもたくさんあったように顔あげてもっともっと心を通わせ合う音楽ができたら良いなあと思います!
残りも頑張りましょう〜



最後に!
次の日曜日の練習前、水風船が少し残っているので、木管通いイベント水風船やります〜!!
私が企画する木管イベント、ラストです…!
お時間ある方はぜひ!木管以外の方もお待ちしてます(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

吉本 愛美

内務3人目です。


内務3人目の丸山です!遅くなってごめんなさい。全通しを聴きながら書いてます、、笑

最近は帰りの電車の中でよくまなみさんと幹部終わりたくないねぇ〜、寂しいね〜と話しながら帰っています。最近はついつい感傷的になってしまいますね。

何書こうかずーっと考えていたのですが上手く書けません!笑
ということで今思ってることをつらつら書きます。



私はゐのはな音楽部が好きです。ほんとに好きで好きでたまらんです。昨日の白鳥湖のtutti聴きながら演奏してる人の顔を1人ずつ眺めて本当にみんな好きだぁ〜と思って聴いてました。みなさんの弾いてる時の生き生きとした表情が好きです。

こんな大好きな部員の皆さんとメイントップという形で演奏できて本当に本当に幸せだなぁという思いです。メイントップやりなよ!って背中押してくれたり、応援してくれたり感謝の気持ちでいっぱいです。

大好きなメンバーと演奏できて幸せっていう気持ちが伝わる本番したいです、いや、します!!
私だけじゃなく全員がもっともっともっとエネルギーが伝わる演奏できると思います、ゐのはな音楽部が好きなんだ!!っていう気持ちが120%伝わる演奏会に私はしたいです。


好きしか書いてない部日誌になってしまいました、ごめんなさい笑

本番まであと二週間ほどですが、頑張りましょう!一年間、幹部も内務も楽しかったです。

最後まで読んでくださってありがとうございます(^^)

16P 丸山祐可
最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ