弦セクの皆さんへ!*たぶん最後の方過激です。

こんばんは。副部長と外務の運搬担当、あと弦セクションリーダーを務めることになりました池田です。これから一年間、よろしくお願いします。
部日誌書くの遅くなっちゃってごめんなさいm(_ _)mちゃんとしたこと書こうと思っていたらついつい先延ばしにしてしまいました、、、
ちゃんとしたこと書こうとは思ったもののこの時期に書くネタあんまりなくて困ってましたが、どうせなら弦セクのみなさんに役立つような話でもしようと思います。

最近、全体メーリスや弦メーリスで譜読みの方よろしくお願いします!って言われるの、多いですよね(笑)正直こんなに曲数あるなんてキャパ超えてるわ!そんなこと言われたって無理!と思う人、多いと思います。それもそうです。春季定演の曲、ふつうに9月の定演より曲数多いしヤバイですよ。えげつない(笑)コンバスなんて僕とましもんは全乗りですもん。おりばんあるパートもせいぜい1、2曲しかないですよね。そりゃ譜読み大変です。(ましもんもおつかれさま!)
けどtuttiは待ってはくれません。明日なんて1812とチャイ5のtuttiあるし。
だから空いた時間見つけて譜読みするしかないですよね。ちょとした部活前の時間とか。じゃあ、「さあいざ譜読みするぞー」ってなった時みなさんはどうやって譜読みしてますか?

明確に答えられる人いますか?ちゃんと答えられる人はちゃんと譜読みしている証拠です。
一方言葉に詰まったそこのあなた…甘い!とは言いません。なんでかって譜読みのやり方って意外と教わったことある人少なくないですかね…?そもそも譜読みって何がゴールなの。うまく弾けるようになるには道が遠すぎて何すればいいかわからない状態の人、多いと思います。
なのでここで譜読みのやり方を紹介します!イェーイ( ︎ ՞ਊ ՞) ︎


池田の譜読み講座( ︎'ω') ︎

今から述べることはパッセージ毎にやればよいです。

① 音とり

超基本的なことです。まず音符がなんの音を指しているのか知りましょう。シャープがついているのかフラットがついているのかはたまたナチュラルがついているのか。注意深く観察しましょう。そんなのできてるよ!と言う人、まだまだ甘いです。ちゃんと指番号ふってますか?ふらなくてもできる人はいいです。ただ漫然と音符だけを眺めて適当なポジションで適当な指で押さえている人、多いですよね。全てのパッセージにはそれに最適なポジション(移動)と指が必ず存在します。その答えは一つではありません。人それぞれでスタイルも違いますし得意な指と不得意な指とあります。なのでこれは自分なりに決めていいのです。ただ、自分なりに考えてみてもそれが合っているかわからない、不安だって言う人多いと思います。そんな人は周りの上手な人に聞いてみましょう。上手い人は必ず教えてくれるはずです。みんなちゃんとそういうことについて考えていますから。それぞれのパート、ちゃんと考えている先輩や後輩がいると思います。そういう人に聞けば必ず教えてくれるので是非質問してみてください。バイオリンとコンバスの方は僕に言ってくれればいつでも教えます。

② テンポとリズムを把握

これ!みなさん、一番できていないのがこれです!そもそもテンポってなんなのでしょう。
テンポとは音楽の一番ベース、基礎となるものです。このベースの上に音符(とそのリズム)があることで音楽は成り立っています。なのでまずはその曲のテンポ感が3拍子なのか4拍子なのか、どれくらいのテンポなのか(メトロノームの数値を確認)、それを把握し、さらに音符のリズムも把握する必要があります。大体皆さんが弾けない箇所は音符が多くてリズムがごちゃごちゃしているところですよね。そういうところは自主練の時にテンポをゆっくりにして手でたたいて、書かれている音符を声に出して歌いましょう。声に出して歌えない箇所はいくら練習しても弾けっこありません。リズムに合わせて歌うことができて、はじめてそのパッセージを習得できるのです。←みさりんがいつもこんな感じで譜読みしていますよ(笑)

③  ①と②の組み合わせ
歌えるようになったら次は実際に弾いてみましょう。ただここで注意があります。いきなりその曲のテンポで弾いても弾けません。それは容易に想像がつきますよね。なので先ほど歌いながらたたいたリズムと同じくらいゆっくりとしたテンポで練習するのです。たとえゆっくりなテンポでも楽譜通りのリズムで弾くのはそう簡単ではありません。そのテンポでしっかりと弾けるまでこの練習をひたすら繰り返します。(毎日練習したとして少なくとも一週間)
次に、そのテンポで弾けるようになってきたらだんだんとテンポを速めていきましょう。テンポはちょっとずつで構いません。焦る必要はありません。ゆっくりなテンポでしっかり弾けていれば多少テンポが上がってもあまり動じずにひくことができるでしょう。

 ざっくりと説明しました。だんだんと書くのが面倒になってきちゃって後半の方適当になっちゃっていたかもしれません。ごめんなさい(笑)
今までの文章を読んでみていかがでしたか。僕はいたってシンプルなことしか言いていません。シンプルを通り越してもはや地味ですよね。譜読みなんてそんなもんです。気が遠くなるような地道な作業です。その地道な作業をいかにちゃんとできるかが、弾けるようになるためのコツです。あと、さっき書いていた譜読みのゴールってわかりました?譜読みのゴールはただ楽譜通りに弾けるようになること、ただそれだけです。特に音楽的なことは譜読みの段階ではいりません。ものごとには順序があります。音楽もそうです。まず最初に譜読み。譜読みが終わってからやっと音楽的なことを考えることができ、肉付けすることができます。譜読みも終わっていないのに音楽的なことを考える余裕なんてありませんよね。なので今の時期はとにかく目の前にある音符を楽譜通りに弾くことができる、ただそのことを目標に練習してもらえれば十分です。

ただ学生tuttiや先生tuttiでいろいろ注意されることあると思います。注意されて今すぐ直す余裕がある所は積極的に直してください。ただ難しいところ、自分が弾けない箇所でなにか注意された場合、それは聞き流してもらって構いません(笑)自分にはまだ無理なことを要求されているなと思ったら、抱え込まない方が良いです。とくにトップの方。ただ、注意されたことはいずれはできるようにならないといけないわけですから、ちゃんと鉛筆で楽譜に書き込んでおきましょう。自分の譜読みが終わって余裕が生まれたときにその注意を思い出して、要求にこたえられるように練習しましょう。

最後に、経験者で、ある程度弾けるみなさんへ。経験者だからこそ問いたい(笑)譜読みちゃんとしてますか。自分は周りより弾けるから大丈夫、っていってあまり譜読みしない人、わりといるように感じます。正直僕も昔そうでした。あんま譜読みしなくても、池田は弾けるね、と言われてうれしくなってしまい結局大して練習しないまま本番へ。本番後に待っているのは虚無の世界。なんにも達成感がない。なんのために部活入っているのだろう。本番後よく考えていました。なんでなんでしょう。それは周りのせいではありません。周りのせいにして練習しない自分のせいです。周りが自分より弾けなくて練習しなくなる気持ちも十分わかりますが練習せずに本番に臨んでもマイナスしかありません。それよりも、自分に厳しく練習して、むしろ自分のうまさを周りに還元したときの、本番後の爽快感は半端じゃありません。僕はそれをこないだのシベ1で初めて味わいました。これは経験者だからこそぶつかる壁だと思います。
改めて問います。ちゃんと譜読みしてますか。してない人はちゃんと譜読みすることをお勧めします。おそらく今の段階で譜読みが終わっている人は誰一人いないでしょう。(自分も最近は練習さぼり気味なのでしなきゃな~っておもいながら今の文章書いてました(笑))

はっきり言って譜読みなんて地道な作業です。飽きます。つまらないです。ただ、その地道な作業をちゃんとやるかやらないかで大きく結果は変わります。クリコン、春定演といろいろと譜読みしなければいけない曲が多いとは思いますが、皆さん気を引き締めて頑張っていきましょう!長文失礼しました。

水を差します笑 ※過激派です

こんにちは。コントラバス、パートリーダーの池田です。練習日が1日増えたので部日誌書くことになりました。
今までの部日誌の流れ的にアツイ文章を書きたいのは山々なのですがここはあえてピリッとしたいと思います。おそらく過激派です(笑)ただ亥鼻音楽部ならもっとできると思うので少しキツイことを言います。

今日は学生tuttiでしたね。全曲やったわけですがやはり自分がトップやっているだけあって一番物申したいのはシベ1。はっきり言っちゃいますが今日のtuttiは全然集中力がなかったでしたよね(笑)それは皆さんお気づきですか?単に人が足りていない、コンマスがいなかったからとかそういうことではなく集中力がないのです。それは合奏の雰囲気はもちろんのことみんなから出る音の質でわかります。
今日はなぜ3楽章のF以降であんなにつっかえたのでしょうか?

それは落ちたらヤバイというプレッシャー、緊張感からくる集中力がないからです。ではなぜその緊張感がないのか。それは学生tuttiだから。練習見る側を経験した人ならわかると思います。それは練習を見る人が先生ではなく学生だから。みなさんそんなつもりは決してないとは思いますがどこかで学生tuttiやセク練をナメていませんか?(笑)僕は正直、ナメてしまっている時あります。それは落ちたらやばい、音間違えたらやばい、とか本番の時に思いそうなことを学生練の時は思わないから。要するに自分に甘いわけです。

アマチュアとプロの差を考えたことありますか?単に楽器のうまさだけが両者を線引きするのでしょうか?僕はそうは思いません。楽器のうまさはもちろんですがもっと他に根本的に違うものがあると思います。それは意識の違いです。プロの方は普段の個人練習、オケのリハーサルの時から本番を意識して自分に決して甘えることなく練習し、演奏します。それはプロという看板を背負っている以上みっともない演奏をすることはできない、という思いがあるのだと思います。もしかしたら他にもいろんな要素があるのかもしれません。どちらにしても言えるのは、プロの方はしっかりとした演奏(音程やリズム、入りのタイミングなど)をしなければいけない、という緊張感を常に持っているわけです。
一方でアマチュアはどうでしょうか?しっかりとした演奏をしなければいけないという緊張感を持っている人はいますか?正直僕は持っている時と持っていない時があります。それが先生練と学生練の時です。先生という絶対的な存在がいることでtuttiにはいつも緊張感がありますよね?だからみんな集中しています。ですが学生練の時は絶対的な立場の人がいません。なので自然と気が緩んでしまうのです。

ですがこれは仕方のないことです。僕たちはアマチュアオケです。プロみたいに上手い演奏をしなければいけない理由もありません。本番で失敗したからといって誰も怒りません。だからと言ってそこそこのクオリティで本番に臨めれば満足なのでしょうか?満足だと思う人もいるでしょう。音楽部には色々な人がいます。僕もそれで満足できればすごい幸せなのですがあいにくそうは思えません。どうせ演奏するなら私たち音楽部の最大の力を振り絞って演奏したいと心の底では願っています。そうじゃないとこの一年間、部活を運営してくれた幹部に対して失礼だと思うのです。
では、ここで質問です。どうすれば最大の力を振り絞れるのでしょうか?


今回の部日誌で皆さんに言いたいこと、そして先ほどの質問に対する答えは、もっと自分に厳しくなってほしい、ということです。これは決して皆さんの演奏技術が足りないと言っているわけではありません。皆さんはこの定演に向けて頑張ってきたしどんどん上手くなっています。僕が言いたいのは演奏技術ではありません。自分に対してもっと緊張感を与えてほしいのです。もっというと直井先生よりもさらに絶対的な存在を自分の中に見出して欲しいのです。絶対落ちないようにする、絶対音外さない、絶対タイミング合わせる、など。それは学生tuttiの時でも先生tuttiの時でも同じ。どんな時でも常に集中して自分のポテンシャルと同等或いはそれ以上の演奏をすることが必要だと思います。今の皆さんの演奏は皆さん自身のポテンシャルの7割くらいです。こないだの直井先生tuttiを思い出してみましょう。
1楽章の弦のpizzのところです。4つ続けて音符があって最後の音がデカくならないでって前々から言われていましたよね。こないだの先生tuttiでは最後の音がデカくなっていました。ですが先生に同じことを言われたら次にはすぐ直りました。ここで直井先生から一言。


「やればできるじゃん。」


これ褒め言葉だと思ってますか?僕は正直この言葉を言われたら悔しいと思います。自分に厳しくして注意してたらできたことをできてないまま演奏しているのです。これが自分に甘いところです。もし自分に厳しくしていたら、そもそもそういう演奏をしてしまった時点で気付くしすぐ修正しようとするはずですよね。そういう点で今の皆さんの演奏は皆さんのポテンシャルの7割くらいしか発揮されていないと思うのです。


こんな言葉があります。これはあるヴァイオリンコンクールで優勝した人が言っていた言葉です。

「本番で100%の力を出すにはどうすればいいか、それは練習で200%弾けるようになることです。」

さっき皆さんの演奏は皆さんのポテンシャルの7割くらいだと言いました。ポテンシャルを100%だとしたら今の演奏は70%くらい。どうしたら200%行きますか。まず先生tuttiにもっと集中力、緊張感を持つことで100%に上がるでしょう。残りの100%はどうしましょうか?この100%をいかに上げるかが学生tuttiやセク練だと思うのです。学生練をやってもいまいちよくならない理由、それは皆さん自身が緊張感を持っていないからです。学生練は練習を見る人が一人頑張っていても辛いだけです。皆さんのその意識が変わらない限りずっと学指揮の方々は辛い思いをするでしょう。(これは例えで出しただけなので、さっき言った70%の演奏には先生tuttiの成果だけじゃなくてもちろん学生tuttiの成果も含まれていると思います)


昨日は最後の学生tuttiでした。もう学生tuttiがないのにこんなことだらだら言ったって仕方がありません。ですが、今週はあと2回も先生tuttiがありますね。本番で亥鼻音楽部ができる100%の演奏をするならあとの2回のtuttiで200%にするしかありません。僕は亥鼻音楽部ならできると思います。演奏技術は十分にあります。直井先生にも褒めてもらっていますよね。なので自分が弾けない、吹けないとか考える必要はありません。むしろ考えるだけ無駄です。演奏のクオリティが下がるだけです。もっと自分に自信を持って大丈夫です。ただ、今必要なのは自分の意識を変えること、或いは脳みそのスイッチを入れること、だけです。僕も今週はよりやる気スイッチをオンにして臨む予定です。

この2回のtuttiで皆さんがちょっとでも変わってくれたら部日誌書いた甲斐があったなぁという気持ちです。
長文失礼しました👋

晴れました!

こんにちは。コントラバスパートで入部した医学部1年の藤井です。投稿遅れましてすみません。

今回の部活は講堂で直井先生tuttiでした。私は初心者ということもあり、白鳥の湖にだけ参加しましたが、全く弾けず、もっと頑張らなければならないなと感じました。先輩方がすごく優しく教えてくださるので、応えられるよう練習したいです。

水曜日はいつも雨続きなのですが、今回は梅雨入り後にもかかわらず、雨が降りませんでした!じめじめしていると気分も良くないので、うれしい限りです。しばらく雨続きになりそうなのは残念ですが、弾けるようになる喜びでじめじめを吹き飛ばせるよう、頑張ります!

これからもよろしくお願いします。

意外と心の大部分を占めていた

こんばんは。Cbパート、看護4年の森優子です。ゆうこりんです、ふぃーです。

昨日のリハーサルを影ながら聴かせていただいていました。新世界のコンバスpizzが激ウマで泣きそうでしたね。3人の音程もタイミングも揃っているし、楽器を始めたばっかりの眞下ちゃんもハイポジションで頑張って弾いていて、さすがうちの後輩ちゃんたち♡と思って親バカの気分でいました。や、コントラバスパートは家族なんで、はい笑。
また、どのセクションも人数も技術も表現もパワーアップしていてびっくりしました。うちの部活ってすごいなあとしみじみ思います。

卒業するんだ…寂しいな…という感覚はまだ実感していません。むしろ、いつでもまた遊びに来れる、戻ってこれる、という安心感の方が強いです。不思議と。私たちが遊びに行くと後輩たちが気を遣って可哀想だから…という他の部活の子の言葉を聞くと、学年もOBOGも関係なくウェルカムでアットホームな音楽部の雰囲気は宝物だなと思います。
いつも温かく見守ってくださる素敵な先輩と、可愛いくて仕方がない後輩と、いつも支えてくれる同輩に恵まれたこと、心から感謝しています。ありがとうございます。

実習やら何やらで最近はほとんど演奏に参加できていないので、誰この人?状態になってしまっていますが、遊びに行った時には構ってください笑。あと、看護の後輩ちゃんたち全員と、卒業前にはお話できたらいいなと思っています。先輩大好き人間なんですけど、後輩ちゃんたちもかなり好きだなと最近自覚しました笑。

ゆうこりん

13日の金曜日

※タイトルが不穏ですが、本文に某殺人鬼は登場しません。あしからず。

10月13日(金)は、講堂でウィンターコンサートの曲の学生tuttiをしました(フィンランディア・そりすべり・新世界より)。これで、楽譜が届いていない美女と野獣以外はひと通り初合わせが済んだことになります。

私は新世界を振らせてもらったのですが、想像以上に難しかったですね…!もしかしたら今回の曲目の中で完成させるのが一番難しい曲かもしれません。
と言うのも、この曲は気合を入れて作り込んでいかないとお客さんに楽しんでもらえない曲かなと思うからです。あまり普段クラシックを聴かない方にとっては、ゆっくりの曲はそれだけで眠たくなってしまうことがあるようなので、響きの一つ一つを目の覚めるような美しい音にする必要があります。
個人的にも思い入れのあるとても好きな曲なので、皆さんと頑張って綺麗に仕上げていきたいです!
その他の曲も、初合わせでそれぞれ課題が見つかったと思います。しばらくセク練やパート練が続くので、その時間を使って解決していけるといいですね。

申し遅れましたが私、コントラバスパート3年の伊藤美羽と申します。現在、学生指揮と外務を務めさせて頂いております。
至る所で自分の力不足を感じていますが、頑張っていくのでよろしくお願いします!練習日程や練習内容などで意見があれば、下級生の方でもぜひ聞かせて下さい。

13日は、前日より最高気温が10℃近く下がった寒い日でした。秋ですね。皆さん衣替えはお済みでしょうか。私は秋物を引っ張り出してきたけど夏物が出しっぱなしなので、押し入れに雪崩ができています。
ちらほら体調を崩してしまっている方もいるようなので、どうぞご自愛ください。

ここでひとつ。
「おう熊吉どん」「なんでえ与吉どん」「おめぇさん、こないだまで毎日氷菓子ばーっかり食ってたのに、今日は団子かい」「そりゃ、"あき"がきたからでえ」
おあとがよろしいようで。

医学部3年 伊藤美羽
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ