堂々とした音〜VIVA LA VIDA〜

初めに...15Mのみなさん明日のOSCE頑張ってください!!


こんばんは。外務最後です。医学部3年の吉田悠です。チェロをやってます。係としては外務の中の運搬係です。雨の日や大学外の練習のときに初心者マークをつけながら車を運転してます。

今日はパート練習とセクション練習でした。
パー練では1812を、セク練では戦場のメリークリスマスをやりました。クリコンまで昨日であと2週間を切りました。クリスマスもあと3週間を切りましたね。師走は忙しいですね。

さて、僕は幹部になってから始めたことが二つあります。運転の練習と楽器の個人レッスンです。ハイエースを土日に運転して慣れさせてます。本題の楽器の方はもっと早めから習っておくべきだったと後悔しています。というのもこの2、3年でいわゆる「弾き真似」癖がついてしまって思い切り弾いているつもりでも弓が弦から逃げてしまうようになってしまったからです。間違った音が聞こえるのが相当怖くて右手小指に力が入ってしまってるそうで、意識しても手の大きさを生かしたダイナミックな堂々とした音が出せないでいます。また高校の時からの「肩関節が時々外れる」癖のせいか腕力の左右差もあるそうなので最近は体幹なども意識して弾くようにしています。三年生で気づくことではないですよね。すいません。

自分はいつも「老後のための今」と思って行動をしています。趣味や部活も老後にもできるようなものしか興味がありません。そう思ってチェロもやっていたのですが今矯正しておかないと老後弾けるかも分からないのでそのスパンでみても大学三年生の間に気付けてよかったなと思っています。部員の皆さんには迷惑しかかけてないですが、ご容赦ください。

私は「VIVA LA VIDA」という言葉が好きです。
「人生万歳、生きてこそ」という意味のスペイン語です。
この言葉は、フリーダ・カーロというメキシコの女性画家が人生最後に描いた、真っ赤なスイカに書かれています。彼女のことを何も知らなければただのスイカの絵ですが、彼女の人生を知って見れば、見方が一変します。

老後も大切ですが、生きている今を懸命に過ごさなければとフリーダを見て思います。

抱負のようなもの

こんにちは。
チェロパートのパートリーダーを務めます、医学部3年の深谷です。
また、外務として練習場所の確保と開け閉めを担当しています。
1年間よろしくお願いします。

今日は青葉で通い合宿でした。午前は1812、午後はチャイ5の学生tuttiでした。僕はチャイ5のトップを務めているのですが、昼休みにはチャイ5のトップ練があり、チャイ5のトップの方々にとってはなかなかハードなスケジュールだったのではないでしょうか。皆さんお疲れさまでした。

部日誌を書くのはこれで3回目です。1回目は入部したとき、2回目は確認してみたら今年の1月に書いていました。感覚としてはもっと前だと思っていたのですが、まだ1年も経っていなかったとは驚きました。
前回の部日誌の日付を確認するだけのつもりでしたが、その内容を読み返したらつい、あれからどれだけ成長できたかな、なんて考えてしまいました。考えてみると、思った以上に全然変わっていないことに気づいてしまいました。本当はこの後に、どう変わっていないのか、自分の未熟な点について書き連ねるつもりだったのですが、そんなことを部日誌に書くのはやめました。でもそれとは別に思ったのは、部活に入って、チェロを始めてもう3年目にもなるというのに未だに「大学始め面」をしている自分がいるのではないかということです。そんな自分を情けなく思う今日この頃です。
ですがこれまでのことをくよくよ言っても仕方がありません。振り返ってみて何も成長していないと気付いたとしたら、ではこれからをどう過ごすか、ということを考えることにしました。周りの人の助けを借りながら、できることから一つ一つ着実に、小さな成長を積み重ねていけたらいいなと思います。
そして1年後、幹部が終わったらまた部日誌を書くと思いますが、そこで1年間を振り返った時に、確実に成長したと自信をもって言えるように、悔いの残らないように、頑張りたいと思います。

部日誌を書いていたら、先日の音楽喫茶のビデオがアップロードされたというメールが来ました。
僕は去年演奏しなかったので、今年は幹部学年だしせっかくなので、と思い、どうせやるならクリエイティブに行きたいと思い、自分で編曲して譜面を作り、声を掛けてメンバーを集め臨みました。しかし結局のところ本番は僕が緊張してしまったせいで少し悔いが残る結果になってしまったので、来年またリベンジ出来たらいいな、なんて考えています。

来週はいよいよ先生tuttiですね。気を引き締めて、練習頑張っていきたいと思います。

衣替えはこれから

幹部交代後3人目、内務と副部長を務めます17Vc松永です。卒業までに部日誌は2回か3回書くと教わったことがあるのですがもう3回目です。振り返ると1回目のとき(入学直後)も2回目のとき(新歓直前)も今も部活に夢中なことに変わりはないのですが、立場も目標もすっかり変わっていて、すぐに幹部も終わってしまうんだろうと想像して寂しくなります。

さて、前回の練習は1812の初合わせとチャイ5の学生tuttiでした。大変申し訳ありませんでした。

今回の春季定期演奏会からドナウと1812でトップをやらせていただきます。いつもと違う緊張が音に出てしまうのでまずは曲と雰囲気に慣れたいですね。
みなさんいけさんの部日誌読みましたか?読んでない方は今すぐ下までスクロールして「次の記事」のボタンを押してください。
弦セク練のときにトップに座って初めて思ったことは、みなさん弾いてくれて本当にありがとうございますということです。トップの役割…

とここまで金曜の部活前に書いてたんですけど、部活終わってみたらなんかもうよくわかんないです。全くこんな段階の話ではないです。
自分の音、服を着てなくて素っ裸でめっちゃ馬鹿っぽいんですよね。小学二年生男子児童って感じ。

学年パートを問わずいろんな方にアドバイスを頂戴しております。いつもありがとうございます。
春定演の練習はまだまだ序盤で合奏よりもセク練やパー練に時間を割いているこの時期に自分の演奏に集中したいです。

部日誌遅れてすみません!
冬服が好きなので早く衣替えしたい気持ちと毎日スウェットとジーパンで過ごしたい気持ちに分液ろうとが使えたらいいのに…

17Vc 松永美咲

4楽章Uで県文の天井を突き破ります

はようございます。譜面選曲、チェロパートリーダー、弦楽器セクションリーダーの任期を終えようとしております大谷です。

候補曲を出したり選曲会に参加したりしてくださった皆様、本当にありがとうございました!
今年の定演、スラヴは筋肉ゲーだし、白鳥湖は抜粋多すぎ長すぎだし、シベ1はリズム難しすぎだしで、過去最高の筋肉激重プログラムと一部で囁かれたり、なんでこんなプログラムにしたんだと苦情が来たりもしました。しかし、今は皆様きっとチャイコフスキーとシベリウスの虜になっていることでしょう。実はそうでもないのかもしれませんが、最近の合奏では曲やゐのはなのメンバーへの愛が音に乗せられているような気がします。各セクションから美しいソロや力強いユニゾンが聞こえる度に、このプログラムを選べて、今年のメンバーで演奏できて本当に良かったと実感しております。

早速次期幹部を中心に春定演の選曲が進んでいるようです。プログラムの決定が楽しみであると同時に、もうゐのはなの選曲にがっつり関わることはないと思うと少し寂しくもあります。皆さまこれからもたくさん候補曲を送ってくださいね!あとやりたい曲があるなら選曲飲みに行くことを強くおすすめします。選曲会に来た人の意見は反映されやすいし、指揮者やトレーナーの先生方ともお酒を飲みながら色々お話しできて楽しいですよ!
飲みといえば、幹部になる前までは両手で数えるくらいしか行ってなかったごはん会や種々の飲み会に、幹部になってからちょこちょこ参加するようにしたのですが「いい演奏はいい飲み会から」を改めて実感しました。盃を交わして語ることも大事なアンサンブルの練習です!

部日誌なので練習内容も書いておくと、9/7は定演前最後の柳澤先生セク練でした。タイトルは本当に先生が仰ったことですよ!
弦楽器の皆様どの曲もめちゃくちゃいい音出てます!!半年間の地道な練習が今実を結んでいるところです!!
あとはそれをホールの隅々まで響かせるだけです。弦楽器は舞台の前方にいますし、管楽器よりは表情筋も自由なので、表情や身体の動きで魅せることも大事だと思います。周りを見たり聴いたりする冷静さは頭の隅に残しつつ、全身を使って思い切り自分の、ゐのはなの音楽を鳴らしましょう!!本番が上手くいくかはその時にならないとわかりませんが、泣いても笑っても4楽章最後の弦楽器の雄大なユニゾンはホールの天井まで、いやそれを突き破った高い所まで響かせたいですね。
あとアンコールは1プルの方々は顔芸してください。2プル以後と管打楽器の方々は1プル見てニヤニヤして弾いてください。アンコールくらいははっちゃけないと!!

打ち上げで正気でいられるかわからないので書きたいことをだらだらと書いてしまいました。最後に1つだけ。楽器も体調も万全の状態で本番に臨んでくださいね!!

まだ右も左も…

おっす! おら、ごくう!。うそ。こんにちは。チェロパートで入部した看護学部1年の三浦です。

今日の部活は学生tutti@同窓会館でした。同窓会館の近所で迷子になってオロオロしていたら、親切な上級生が道案内してくれました。

私は、白鳥の湖のtuttiに参加しました。私は大学に入って初めてチェロを持った初心者なので、まだ一音も弾けませんが、一生懸命練習して皆さんのように弾けるようになりたいと思います。
いつもいつも親切な上級生がいろいろと教えてくださるので、なんとか続けられています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ