4楽章Uで県文の天井を突き破ります

はようございます。譜面選曲、チェロパートリーダー、弦楽器セクションリーダーの任期を終えようとしております大谷です。

候補曲を出したり選曲会に参加したりしてくださった皆様、本当にありがとうございました!
今年の定演、スラヴは筋肉ゲーだし、白鳥湖は抜粋多すぎ長すぎだし、シベ1はリズム難しすぎだしで、過去最高の筋肉激重プログラムと一部で囁かれたり、なんでこんなプログラムにしたんだと苦情が来たりもしました。しかし、今は皆様きっとチャイコフスキーとシベリウスの虜になっていることでしょう。実はそうでもないのかもしれませんが、最近の合奏では曲やゐのはなのメンバーへの愛が音に乗せられているような気がします。各セクションから美しいソロや力強いユニゾンが聞こえる度に、このプログラムを選べて、今年のメンバーで演奏できて本当に良かったと実感しております。

早速次期幹部を中心に春定演の選曲が進んでいるようです。プログラムの決定が楽しみであると同時に、もうゐのはなの選曲にがっつり関わることはないと思うと少し寂しくもあります。皆さまこれからもたくさん候補曲を送ってくださいね!あとやりたい曲があるなら選曲飲みに行くことを強くおすすめします。選曲会に来た人の意見は反映されやすいし、指揮者やトレーナーの先生方ともお酒を飲みながら色々お話しできて楽しいですよ!
飲みといえば、幹部になる前までは両手で数えるくらいしか行ってなかったごはん会や種々の飲み会に、幹部になってからちょこちょこ参加するようにしたのですが「いい演奏はいい飲み会から」を改めて実感しました。盃を交わして語ることも大事なアンサンブルの練習です!

部日誌なので練習内容も書いておくと、9/7は定演前最後の柳澤先生セク練でした。タイトルは本当に先生が仰ったことですよ!
弦楽器の皆様どの曲もめちゃくちゃいい音出てます!!半年間の地道な練習が今実を結んでいるところです!!
あとはそれをホールの隅々まで響かせるだけです。弦楽器は舞台の前方にいますし、管楽器よりは表情筋も自由なので、表情や身体の動きで魅せることも大事だと思います。周りを見たり聴いたりする冷静さは頭の隅に残しつつ、全身を使って思い切り自分の、ゐのはなの音楽を鳴らしましょう!!本番が上手くいくかはその時にならないとわかりませんが、泣いても笑っても4楽章最後の弦楽器の雄大なユニゾンはホールの天井まで、いやそれを突き破った高い所まで響かせたいですね。
あとアンコールは1プルの方々は顔芸してください。2プル以後と管打楽器の方々は1プル見てニヤニヤして弾いてください。アンコールくらいははっちゃけないと!!

打ち上げで正気でいられるかわからないので書きたいことをだらだらと書いてしまいました。最後に1つだけ。楽器も体調も万全の状態で本番に臨んでくださいね!!

まだ右も左も…

おっす! おら、ごくう!。うそ。こんにちは。チェロパートで入部した看護学部1年の三浦です。

今日の部活は学生tutti@同窓会館でした。同窓会館の近所で迷子になってオロオロしていたら、親切な上級生が道案内してくれました。

私は、白鳥の湖のtuttiに参加しました。私は大学に入って初めてチェロを持った初心者なので、まだ一音も弾けませんが、一生懸命練習して皆さんのように弾けるようになりたいと思います。
いつもいつも親切な上級生がいろいろと教えてくださるので、なんとか続けられています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

きらきら星✨

チェロパートで入部した看護学部1年の小林ふみです。

今日は講堂で内山先生tuttiでした。私は初心者なので、白鳥の湖だけ参加して(とはいっても、今の私には開放弦のピチカートが限度です)、残りの時間はホワイエで自主練に取り組みました。

最近、弓を持つ手に余分な力が入らなくなり、ボーイングは上達しつつあります。今は音階練習の真っ最中で、今日はきらきら星の旋律が弾けるようになりました✨ 交響曲を弾きこなす先輩方には遠く及びませんが、"Repetition is the mother of perfection"(Ryan Straten) をモットーに、できることを少しずつ増やしていきたいです。

金髪にしたい

金髪にしたいです。
17Pの松永です。最初に伝えておきますが気づいたら結構な長文になっていました。
今日は講堂で先生tuttiと先生セク練でした。今日のモルダウはすごく熱量が大きかったですね…鬼気迫る松葉を注意されたことに現れていると思います。川がさらさらとした流れになり、交通整備が進んできましたね。個人的な今日の一番の収穫は急流の場面の各パートの輪郭がはっきりしてきたことです。濁流を脱したいですねʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

さおりさんにモルダウ乗せてください!!!とお願いしてモルダウに乗せてもらいました。速くて弾けません。指揮や周りを見ようとすると譜面上迷子になります。
スプコンの練習が始まった頃は全然弾けなくても場面の移り変わりやパートの重なりを感じるだけで楽しかったのですが、中途半端にさらえるようになって来ると自分の音のはまらなさ、不正確さ、音質、譜面の表現すら追えないことに嫌になります。嫌になったところで何も変わらないので練習するよう言い聞かせています。

竹内も触れていましたが今日は看護推薦の奴隷市が行われました。彼は「リアルJKがおるぞ^ ^」と言っていました。
音楽部の良さをどう伝えようか言葉を選んでいたら時間がすぐに来てしまって押せなかったこと、オーケストラの説明をしたらひたすらに楽器の素晴らしさを惚気るだけになってしまったことが心残りです。あまりスピード勝負には向いていないようです。これからの新歓では自分が感じている部活の楽しさをそのまま伝えられるようほどほどに頑張ります。17は最後まで頑張ろう!先輩方もご参加よろしくお願いします。

以前部日誌を書いた時もそうでしたがどうにも文体が硬くなってしまいます。めちゃくちゃ真面目なので。タイトルの通り最近金髪にしたいとよく思うのですが、新歓の時におんぶの茶髪の先輩を見て「やばいやつや」と思ったこと(おんぶの中だと浮いてた)と入学時に茶髪だったのでチャラいやつやと思われていたことがふと浮かんで躊躇われます。18にチャラいやつだと思われたくありません。外見と中身の乖離が今以上に激しくなってしまうのは本意ではありません。

以上です!明日の通いもラウールのバターチキンカレーを糧に頑張りましょう💪💪

17P Vc 松永美咲

週刊音楽部

通い合宿お疲れ様でした。まあ僕は他人より4時間多く寝たので全然疲れてないんですけどねえ!!

というわけで今日の部日誌は通いで絶起した男、竹内が担当いたします。「今日の部日誌」と言うより「今週の部日誌」という方が正しいかもしれませんが。いや、「今週の」なので「部日誌」ですらないというか…

なんかぐだぐだなんでまとめると、ぼくは通い合宿で絶起し、部日誌も1回書き忘れた、ということです。申し訳ございませんでした。許してください、なんでもしますから。

てなわけでまずは通い合宿から書いていきます。朝コマはいなかったのでわかりません!昼コマは先生tutti、よるコマは学生tuttiからのセク練でした。たのしかったです。

次は水曜について書きます。水曜はまるまる学生tuttiでした。うれしかったです。

全体的にだいぶ曲にまとまりが出てきて、本番に向けて少しずつ仕上げていくのが楽しみな感じになってきました。これからも頑張っていきましょう!


さて、実は僕がこの部日誌を書いているあいだに看護学部推薦入試の奴隷市が開催されました。2018年度新歓がついに始まりました。音楽の楽しさを1人でも多くの新入生に伝えていきたいです。

スプコン、新歓、再試追試と忙しい時期だと思いますが、1つ1つを大切にし、気持ちよく新年度を迎えることが出来たらいいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ