冬眠したい

こんばんは。18PVaの市川です。
外務の練習場所、運搬担当です。これからよろしくお願いします。
結構寒くなってきましたね。部屋にこたつを出したくてうずうずしてます。ようやく実験ノート、レポート、テストから少し解放されたので来週くらいに出したいです。
今日は午前中で授業が終わったのでさっきまでスターウォーズみてました。楽しいです。勉強は気が向いたら頑張ります。

昨日は新世界とスラブのtuttiでした。
新世界はトップをさせていただいてます。練習不足な上に、トップとしてやるべきことが全然できてなくて申し訳ないです。アドバイスがあったらぜひ教えてください。
スラブは難しくて弾けないです。練習頑張ります。

昨日初めて運搬車を運転したのですが、家の車より大きいのでかなり怖かったです。いつか絶対ぶつけると思います。
運搬に協力していただいた方、ありがとうございました。時間がかかってしまいすみませんでした。そしていけさん、手伝っていただき本当にありがとうございました。とても助かりました。
明日も青葉です。運転慣れてないので事故らないように気をつけますが、運搬間に合うように頑張ります。担当の方はよろしくお願いします。(あとうみおくんは早く免許取ってください)

たくさんの方に迷惑をかけてしまうと思いますが(もうすでにかけてますが)、一年間よろしくお願いします!

幹部ヨガ民3号です

18PVaの角南です。
夏休みにヨガを始めました、幹部ヨガ民3号です。好きなヨガは肩こり改善ヨガです。スッキリします。
幹部の役職は外務演奏会担当で、今はクリコンの仕事をしています。1年間よろしくお願い致します。

今回の部活は、スラブとクリコンのセク練でした。セントポールは昨年のクリコンでかっこいい!と思った曲で、またドヴォセレはバイオリンをやっている友人に激推しされて聴いて以来、いつか弾いてみたいと思っていたので、その曲達を弾くことができて嬉しいです。ですがまだまだ弾けないところばかりで、ソリは思った以上に手が震える有様だったので練習頑張ります…

いよいよいの祭ですね!
最近、いろいろな団体が練習しているのを耳にして楽しいです♪私は2団体に参加していますが、今年も三浦さんが参加してくださって昨年同様のメンバーで弦アンサンブルができること、以前からやりたかった連弾をりっきーさんと一緒にできることがとても嬉しいです。

最後に私も1つ近況報告を。今週、デイジーさんと出会って1周年を迎えました!デイジーさんというのは、私のビオラさんの名前です。これからももっと仲良くなります。

前中初合わせ!

こんばんは。
17Mビオラパートの岩崎真奈です。
1年間外務の演奏会担当を務めさせていただきます。

今日の部活は前中の初合わせでした。
私はだったん人が初トップなので、トップだと決まった頃からかなり意気込んでいて笑
口を開けば”初合わせ緊張する!!”ばかり言う私に周りはもはや呆れ笑いでした(⌒-⌒; )

今日やってみての感想は
学指揮を含め、同期のみんなが前に集結しているのがすごく心強かったです。
優秀な同期に囲まれて幸せ者だと思いました。
このメンバーで春定まで練習できるのがすごく楽しみです。

これから1年間、幹部として頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いします!

岩崎真奈

あと少しで

こんばんは。
ヴィオラ医学部4年の河田です。
幹部では譜面選曲の仕事をやっていて、主に春定や定演の選曲、楽譜のスキャンの仕事を務めていました。
決して楽なことばかりではなかったですが、大変なプログラムにしてしまった春定が良い演奏会で終わった時や、柳澤先生に「みんなは綺麗な版のくるみ割りの譜面を使ってるね」と言われた時、ふせんとしてとても嬉しい気持ちになりました。

今年は選曲やり直しということもあったので、この場をお借りして言うと
「選曲会に行きましょう!」
これから幹部になる方はもちろんですが、できれば1年生や2年生にもぜひ行ってほしいです。選曲飲みに行けば先生方のお話も聞けますし、選曲会に行けば、大人数で金管、打楽器が多い亥鼻で選ばれる曲が自ずとわかってくると思います。
もちろん好きな曲を推すのも良いと思いますし、1年生の時に自分が出したオペラ座の怪人が採用され弾いた時は、とても思い出に残ってます。別に意見を言わなくてもいいと思うので他の人の話を聞き、選ぶ責任を持つという意味でぜひ1度は選曲会に行ってみてください。


個人としてこの3年半を振り返ると、とにかく長かったなと感じます。
最初の新歓期、楽器経験者なら迷わずおんぶに入部するのかもしれませんが自分はとてもフットサル部とおんぶで悩みました。最終的には兼部することにはなりましたが、その時おんぶを選んだ理由は「大学でも楽器を続けて、好きな曲を弾きたい」でした。
結果的には好きな曲を思い通り弾けた時間は束の間だったような気もします。が、それでも部活を続けられたのは16、特に16Mの皆のおかげだと思ってます。練習に行ってもご飯会に行っても飲み会に行ってもやっぱりいつもいたのは16だった気がしますし、部活に行ってはどうでもいい話をしたり、昔はよくうーたんの家で集まったり、16会でひたすら梅酒を頼んだり、河口湖に遊びに行ったり、その1つ1つの出来事が別に楽器を弾かなくても僕にとってはとても楽しかったですし、自分が音楽部にいた意味だったとも思ってます。ありがとう。

そして最近嬉しく感じてるのはヴィオラの子達の上達というか、1つ下のまなちゃんやちはちゃんの音が横から後ろから聞こえてくる時とか、あやのちゃんの当初乗り番ではなかったくるみを弾きたいという意志や丁寧にシャープの音を全部チェックしてある譜面を見た時とか、待望の男子の後輩であるざきねぇの元気な音を聞いて、最近心を打たれながら合奏しています。
また、部活に来てはちゃんかわーと喜んでくれるざきさん、忙しいのに来てくれて色々と教えてくれた高原、 本当によく頑張ったひろっき、練習を見てくれて支えてくれた志田、 つまらない話をしてもいつも笑ってくれるはらちー、脱力系なのに意外とパワー系ながっきー、素直で練習頑張ろうとまっすぐなあやりちゃん、どうもありがとう。
あんざいさんとまゆまゆさん。
お二人には感謝の気持ちで心がいっぱいです。
この3年半、一緒に頑張れて本当に良かったです。


最後に定演に向けて、ある言葉を今日ふと思い出しました。それはいつかこうけん先生が個人的にお話してくださったのですが
「楽器が上手いには色んな方向性がある。ビブラートが上手い人、歌うのが上手い人、音程が上手い人。全て完璧でなくても何かが上手ければそれでいい」というお言葉でした。不得意なことが多い自分にとっては救いの言葉でした。
そして今、自分にとって誰にも負けない上手さとは何かと考えてみたら、ちょっと違うかもしれませんがブラームスへの想いだと思います。
思い返せば大学生活はブラ3とブラ4の2曲を何百回も繰り返し聞いていた日々でした。部活から京葉線で帰っていた時、夜寝ようとした時、嫌なことがあった時、試験勉強していた時、試合前に落ち着きたい時、どんな時もブラームスの曲が自分の側にはあったような気がします。そして曲を聞くたびにそこに込められた哀しさ、怒り、報われなさに想いを馳せていました。
今回の定演、決して技術があるわけではないですが、そうした日々の想いを力として形として自分の上手さとして、ヴィオラから届けられるよう頑張ります。

そして演奏会のロビコンでは、ブラームスの弦楽6重奏をやる予定です。この曲はどうしてもブラームスの曲が弾きたくて1年生の時に文化祭で挑戦した曲です。今回もかなり苦戦してますが、卒業される14の先輩方と一緒に、自分としても今までの想いを込めて弾きたいと思います。
あと6日練習頑張ります!

まだまだ!だいがくわるよ〜ん㊗️

まあまあ、騙されたと思ってまずはぽちってみてください
https://i-amabile.com/concert/inohana-orchestra17

アマービレから戻ってきましたか?改めましてこんばんは、昨日も部活お疲れさまでした!1年間広報を務めていました、ビオラパートの志田です。

広報の中でわたしは割と表立っている部分の仕事を担当していて、各種SNSの中の人をしていたりチラシやパンフレットを作ったりしていました。ちなみにまだまだ仕事納めできなくてやばいです。ただ、自分の成果が形として残るのがとても楽しいなあ!と思いながら1年間仕事をしていました。同時に様々なところに迷惑をかけまくった1年だったのでそれは大いに反省します。他の幹部のみんなが優秀で助かった…ありがとう…

話を戻します。つまるところわたしはゐのはな音楽部の宣伝隊長みたいな役割を背負って1年間を送ってきたわけですが、そう過ごしてきた1年間で「人に聴いてもらう音楽を作ること」を強く意識するようになりました。
普段の練習では、前に立っている人の指揮に合わせて演奏して、その演奏を反省して、繰り返し演奏してみて、先生tuttiの日は後日録音なんかも聴いてみたりして…の連続だと思います。皆さんはその練習の中で、本番いらっしゃるお客さんに向けてどう音楽を届けるか、を考えたことはありますか?ここ弾けない、ここもっと練習しなきゃ、なんてことばっかりで、閉鎖的になっていたりしませんか?

もちろん、全く技術がなければそもそも楽器の音を鳴らすことすらできないわけで、そういう意味で技術を磨くことは大事です。でもそれ以上に、自分が音楽に乗せて発信したいものを自分の中に持つことも大事なのではないかなあ、と思います。以前柳澤先生に「表現したいことが先、それに合わせて技術を磨くのが後」と言われて、それだ〜〜!!と強く共感した覚えがあります。

例えばわたしは、大祝は一言で言うなら圧倒的ハッピー、くるみは曲ごとで違う情景描写にいちいち頭を切り替えて、ブラ4は物静かな人が爆発させた喜怒哀楽を思いながら演奏しています。人か自然か、動的か静的か、明るいか暗いか、とか、色々と考える余地はありますよね。今ここにあげた選択肢は寺田先生の受け売りですが。そうやってイメージを構築していくことで、皆さん自身も音楽をより一層楽しめると思いますし、お客さんにも伝えられるものがあるはずです。

発表会なのではなく演奏会なのだということは、お客さんが聴くのは「練習の成果」ではなく「作品」です。ここまで長々と話したけどこれが今日マジで1番言いたかったこと。ゐのはな音楽部だからこそ届けられる音楽は絶対にあって、それを本番でお客さんに聴いていただきたいなあ、というのが今の思いです。


ビオラの話もちょっとしますね(ちょっととは言ってない)。
わたしは、音楽部に入部したときから並み居る先輩方の虎の威を借りながら狐以下の存在としてぬくぬく生きてきました。そうして甘えているといつかツケは回ってくるもので、3月にあった春定の練習の際、メイントップを務めていたにも関わらずパート練で不甲斐ない演奏しかできなかったことがあって、柳澤先生に「今の幹部以下のビオラパートで核になるような人っていないの?」と質問され、何も答えられない、という悔しい思いをしたことがあります。トップという、曲を引っ張る立場にありながらパート練でそんなことを言われてしまったことが本当に情けなくて、パート員にも申し訳ない気持ちでいっぱいでしたし、その日のことはしばらく引きずりました。

どうにかして核を作り出したくて、その日から春定本番までも、春定が終わってブラ4の練習が始まってからも、必死こく日々が続きました。結果として、その後の練習で様々な先生方に「ビオラ!っていう感じの音するね」と言っていただけたりしたので、自分なりに頑張れたのではないかと思います。ひとえにパート員の皆さんのおかげです。パート練、無茶は言うわ言いたいことが多すぎて早口になるわで、自分が理想とする練習の見方みたいなものには一切近づけませんでしたが、それでも皆さんがわたしの伝えたいことを汲み取ってたくさん練習してくれて、とっても嬉しかったです。


本番まであと1週間ですね。まだまだできることはあると思いつつ、あまり肩肘張りすぎずに残された幹部生活を楽しみたいです。今週は週5で部活だし。笑 トップを務めさせていただいているブラ4は本当に良い曲で、他のトップ陣が本当に大好きなので、あと1週間で終わってしまうのかと思うとすごく寂しい。

さて、感傷に浸る前にお仕事しなきゃ…明日部活でわたしを見たらお仕事頑張って!って鼓舞してください…(´-`)
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ