ブラ4コンマスです

LINE電話の着信音で目が覚めました。時計を見ると、8月28日水曜日の夜12時過ぎでした。僕は部活から帰るやいなや、そのまま布団に倒れこみ寝てしまっていたようでした。

電話をしてきたのはコントラバスパートの池田君でした。「今から飲みに行くから来ないか」という電話でした。

呼ばれた店に行きました。池田君と学指揮の宇川君がいました。2人は、その日の練習のブラ4の2楽章が上手く行かなかったことについて話していました。そして、僕が到着するなり二人は僕に言いました。

「今日の練習、やる気なかっただろ」

そんなことはない、と最初は思いましたが、よくよく考えました。自分では普段と同じようにまじめに弾いていたつもりでしたが、どこかに、「先生がいないから」という油断がありました。その油断が他の人にも伝わり、演奏全体に影響してしまったかもしれません。

本番を目前にしていますが、最近のtuttiは上手くいくときと上手くいかないときの差が激しいと思います。上手くいっているときは、鳥肌が立つような涙が出るような瞬間が生まれていると思います。逆に上手く行かないときは、内容が無い演奏になってしまっています。水曜日の2楽章もそうでしたし、昨日の練習も3楽章の途中で走ってしまい、崩れかけてしまいました。

上手く行かないときはなぜ上手く行かないのでしょうか。要因の1つに、一人一人が音楽を楽しめていないということがあると思います。水曜日の僕もそうなってしまいましたが、毎週部活があると一回一回の練習を何も考えずに終えてしまう人がいます。tuttiの時間をただ座って音を出しているだけで終わってしまっている人がいます。

しかし、合奏ができるのは当たり前のことではありません。経験年数は違えど、自分の楽器と自分なりに向き合ってきた人が百人程度いて、同じ部活に入って、何時間も練習して、だれかが練習予定を決めて、だれかが練習場所を確保して、だれかが楽器を運搬して…途方も無い努力が積み重なって奇跡的に一回の合奏が達成されます。そんな奇跡的な時間をなにも考えずに終わってしまっていいいはずはないと思います。全力で、その奇跡を感じなければいけないと思います。

「ミスをする」というと音程を外すとか、他のパートとズレるとかが頭に浮かびますが、本当にしていけないミスは、周りの音が聴こえなくなって自分だけの世界に陥ってしまうことだと思います。

オケをやる人の特に弦楽器の人の中には、「なんで自分はこんな下手なんだろう」とか思ったり「弾けてなくてすみません…」とか言ったりする人がたくさんいます。音楽を本気でやろうとすればするほど、自分の至らなさがたくさん見えてきて、マイナスな感情が増えてきてしまいます。その結果積極的な演奏ができなくなり、先生に「もっと音楽しなさい」と言われます。

自分の演奏に対するネガティブな考えは持ちたくなくても持ってしまうもので、仕方ないと思います。誰でも常にそういう気持ちを持っていますし僕も持っています。
しかし、そういった考えを演奏に出すのは良くないです。自分の演奏技術はすぐに変わるものではないですから、それを嘆くことに意味はありません。次に出す音をどんな音にするか考えることの方が大事です。

僕は高校生のときに初めてヴァイオリンを触った人間で、ブラームスでコンマスをやるに値する技量は全くありません。なので、ネガティブなみなさんの気持ちはよく分かります。しかし、ネガティブな気持ちのまま消極的な音楽をしてしまいtuttiの贅沢な時間を無駄にしてしまうのはもったいないです。


気づけば音楽部に入って3年半が経っていました。当たり前だと思っていた毎週の練習が、実はとても贅沢で貴重なものだと気づいたのは最近でした。仲間との時間についてもそうです。深夜に集まって音楽の話をすることも無くなっていくと考えると寂しい気もします。だからこそ残り少ないtuttiの時間を全身で味わい尽くしていきたいと思います。

齊藤剛

こんにちは。1年ぶり、4度目の部日誌エントリーとなります、中プロコンマスの竹内です。前はご飯大臣として書きました。

もう1年経つんですね。明後日には16Mと同期のNPEが幹部上になると聞いて正直何言ってるのかわからん状態です。というか半年後には14Mと16NPの神々が卒業するって真?

せっかくコンマスとして幹部じゃないのに部日誌を書く機会をいただいたので、ストイックに音楽の話を書いていこうと思います。今年一年通して生じた、僕の音楽に対する考えの変化について報告というか公開というかをしようとおもひて書きます。と言ってもそんな大した内容じゃありませんが。

これまで僕を悩ませてきた疑問の一つとして、なぜ僕は楽器を練習するのか、というものがありました。突き詰めると、なぜ僕は音楽をするのか、という疑問でもあると思います。

昨年も似たような内容を書いた気がしなくもないですが、あの時はみんなが心を通わせられて気持ちいいから(要約)、みたいなことを解としました。しかし、この解はかなり弱い解であると思います。心を通わせられるだけの技術がなかったら?弾けてない人がいたら自分が練習する意味はなくなるのでは?ゐのはなである必要とは?そもそも心を通わせるとは?と無限に弱点が見つかってきます。

なんとなくこんなことを考えながら一年過ごしてるうちに、自分がした音楽により誰かいい気分になってそれが素敵だからだ、という解が新たに心の中に湧いてきました。前の解がこちらの投げかけに対し周囲が投げ返してくることに対する喜びに着目しているのに対し、今回の解はこちらが投げかけることに対する喜びに着目しています。周囲への依存性を解いた、ということでもあります。

自分の演奏を聞いて、誰かがいい気分になる。それだけで十分うれしいのに、いい気分になった誰かがそれに共感し合わせてくれる。それを聞いた誰かがさらにいい気分になって、また合わせてくれる。(以後無限ループ)
その共感の最終形態としてオーケストラが存在し、自分らが増幅させた共感を観客にとどけ、観客にも共感してもらえたらみんなよりいい気分になると思います。
はじめはリズムや音程を合わせていき、やがて強弱、音質、表現へとだんだんグレードアップできたら聞いてる人はもっと気分がよくなるし、もっと深い共感が得られるかもしれない。そのために自分は練習していて、そういう風にしていい気分になってほしい人が多くいるから僕はゐのはなにいるのかなーと思いました。

報告は以上です。本質的には、団員と観客に違いはないと思います。自分が演奏を通して発したエネルギーを、演奏で返してくるか拍手で返してくるか、くらいの違いでしょうか。
コンマスはその共感の軸になりうる存在だと思います。本番まであと少しですが、なんとか自分の音楽を皆さんに発信していきたいと思います。皆さんも皆さんの演奏を僕にお聞かせください。

技術はまだまだ未熟でご迷惑おかけしますが、お互いの演奏によって本番の日が皆さんにとって、そして僕にとっても普段とは少し違う、特別な日になったらいいなと思います。
(↓パンフレットに乗せる曲紹介を添付しておきます。ぜひ読んでみてください。)
drive.google.com/open

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

感謝を込めて

こんにちは!17N Vnパートの石井早桜里です。

幹部のお仕事としては副部長と外務の演奏会担当をしていました。定演担当なので、まさに今がこの一年の中で一番佳境です。今年の幹部は例年に比べて多く、外務も10人という大所帯。一人一人の負担は減るかなと思っていたのですが、春定や浦安の記念式典など、新しい仕事の機会も増えたので結局同じくらいでした。
責任重大で大変なことも多い演奏会担当ですが、いざ本番を乗り越えると達成感の方が大きいのでそれをモチベにしています!仕事をする中で自分的に良かったこともたくさんあるんですよ。外部の人と直接打ち合わせを行うが多かったので対人コミュ力が身についたし、メールでのやりとり用に日常では縁のないビジネスメールの語彙も増えました。あれもこれもやらなきゃ…と切羽詰まった時に仕事を後回しにすることが減ったのも進歩です。(とか言いつつ部日誌書くの思いっきり後回しにしてるやんけ自分、、、あはは、、)
兎にも角にもメンバーに恵まれていました。一緒に仕事をしてくれたましもん、佐野さん、みさ、ゆう、一回もかぶらなかったけどみずな、一年間ありがとうございました!
といっても定演係、これからが本番です。打ち上げ後おうちに帰るまで、いや、なんなら引き継ぎ書き終わるまでが定演だと思っているので精一杯頑張ります。ここにくるまで、忙しかったら仕事分けてよと声をかけてくれたり、たくさんの幹部の方からアドバイスをいただいたりと本当に嬉しかったです。どうか当日までよろしくお願いします。皆さんで協力して最高の演奏会にしたいです!

今回の定演ではメイン2ndトップを務めさせていただいています。昨年のシベ1では2ndトップサイドだったので景色は同じですが、やはり気持ちは変わりますね。
少し遡りますが実は過去に2回、1年生の冬コンの新世界2楽章、今年の春定のチャイ5でコンミスを経験しました。とても貴重な経験でしたが技術面も、音楽で周りを引っ張っていく力も未熟だったために自分がここにいても務めを果たせていないんじゃないか…もっと意見したり他パートとアイコンタクトをとったりしたいけど…ああでもやっぱり余裕がない…といった感じで不完全燃焼な部分もありました。そのような不安があったため、今回は2ndトップを希望しました。1stより少し奥まった位置で、音域では下から支えるというポジションが自分にはしっくりきています。あの時よりは周りの音を感じる余裕があるのでいい音楽ができていると自分なりには思っています。トップ陣がだいたい幹部メンバーでありサイドも信頼できる同期で、後方プルトからも確かな音で支えられています。こんなにも安心できる環境でブラ4が演奏できるなんて幸せです。

もう2日後には定演があること、幹部が終わってしまうこと、いまいち実感がわきません。ここまで本当にあっという間でした。そんなに社交的なタイプではないのでたくさんの部員と深く関われたわけではないですが、その中でも関わってくださった人たちは私の人生の中でこれからもずっと大切な存在であることは間違いないです。特にVnのみなさん、17Vnのみんな、17Nのみんな、幹部のみなさん、ありがとうございました。

どうか、全ての人の思い出に残る素敵な演奏会になりますように。

おんぶ箱推しです

こんばんは!
薬学部3年Vnパートの角谷優です。
幹部では外務演奏会担当を務めさせていただきました。私は気乗りしている時しか動けないタイプなので、一緒に仕事をした方々にはたくさんご迷惑をおかけしたと思います…さのさん、みずな、そして2つも同じ担当になったさりーとみさには感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとうございます!これからも仲良くしてください!

役職の話は今回固定ぽかったのでそこまで悩まなかったのですが、未だに何を書けばいいのか分からないまま幹部最後の部日誌を迎えてしまいました。次はとりあえずタイトルについてにしようと思います。
皆さん「箱推し」の意味はご存知でしょうか。ほとんどない語彙力で簡単に説明すると「グループ全部好き!最高!」ってことです。推しを前にすると思考停止する人間なのであまり人にうまく伝えられないのですが、この部活って本当にいいですよね。いいとか最高とか好きとか、語彙力が飛んでいってしまった感じの文章で恥ずかしいんですけど、でも本当に最高じゃないですか。入部した時は週2日とかノーカンじゃんくらいの軽い気持ちだったのに、今ではこんなに楽しめるようになったのは、この部活の雰囲気のおかげだと思っています。毎年メンバーは変わっているはずなのに、音楽部でよかったと思い続けられるのって結構すごいですよね。こんなふざけた文章しか書いていないのに、この部活好きだなあ、演奏会終わってほしくないなあ、としんみりしてしまうのも不思議です。次皆さんに会えるのは30日ですね。明後日なんてすぐだし演奏会は終わってほしくないけれど、部活がない日は寂しいので難しいです。とにかく明日も練習して、今日よりましになった状態でお会いできるようにがんばります。全乗りをいかしていろんな人を拝むのも忘れないようにがんばります!!!

いろいろ書いていたら長くなってしまった気もしますが、最後に演奏のことについてお話させていただきます。
私は今回の演奏会で前プロでコンミスをやらせていただいております。もう何重に敬語にすればいいんだ?ってくらいいろんな方にお世話になりすぎているので、この場を借りてお礼させてください。本当に本当にありがとうございます。特に、いつも後ろから支えてくださるバイオリンパートの皆さまには感謝してもしきれません。振り向いたら大好きな先輩、同期、後輩がたくさんいるあの席で、こうして演奏させていただけるのはこれが人生で最初で最後だと思います。こんなに貴重な経験がこの部活でできるなんて、ちゃんとした言葉にするのは語彙力的に無理なんですけど、本当にうれしいです。やりたいって言い出す時は死ぬほど緊張したけれど、Vn幹部の5人と竹内が受け止めてくれて、パートの皆さんに支えられて、ここまでやってこられました。もう何回目か分かりませんが本当にありがとうございます。

本番は1000%緊張すると思いますが、チューニングで皆さんを拝んで、少しでもいつもの部活の雰囲気を思い出して、リラックスできたらいいなあなんて考えています。多分無理なので、コイツ緊張してんな~と思ったらぜひぜひ笑いかけてください!!!
なんだか雑になりましたがこの辺で締めさせていただきます、最後まで読んでいただきありがとうございました!

演奏会担当4人目です♪


こんにちは、17PVnの外務演奏会担当の福永美沙です。今回の定演では大祝の2ndトップを務めさせて頂いています。

もう幹部が終わるんですね、感慨深いです。すでにほかのメンバーも書いていますが、外務の演奏会担当は本当に大変でした笑 幹部交代の前からさりーと角谷と一緒にクリコン係として働き始め、リフレで何度も話し合いをしてたのが懐かしいです。すなみんとさやかちゃんもすでにお仕事してて、えらいです。ちゃんと引継ぎするね応援してます☺︎
春定係では、スプコンのお仕事終わりでお疲れのましもんとみずなと一緒でした。お仕事続きの2人のためにも頑張って働こうとしてましたが中々上手くいかず、前日にまさかの講堂練が出来なくなったり、当日にも変更点がいくつもでてきたり沢山ハプニングもあって、三人で前日の帰り道途方に暮れてたのが懐かしい笑
最後のお仕事は記憶にも新しい合宿係でしたね。合宿所の方が本当に優しくて優しくて優しくて。。大変だったけど、年間のお仕事を通じて外務の演奏会係になって良かったなとつくづく思いました。沢山の人の優しさに触れられて、想像を超える苦労の上に演奏会やイベントが成り立っているのだなと幹部以下のときは気がつかなかった当たり前ことをふつふつと実感させられました。外務の演奏会係最高でした。一緒にお仕事できた、さりー、かくたに、みずな、ましもん一年間本当にありがとうございました!心残りは佐野さんとお仕事が出来なかったことだけです、、。

さてさて、大祝トップの私ですが、実のところ大好きで仕方ないのはブラ4だったりします。まだ音楽部入部したてのクラシックなんて全然知らないぴよぴよの時に神々しい先輩方から色んな曲を聴いて耳を育てた方がいいよと助言を受けて、沢山聴いてた中で身震いするくらい大好きになった曲の1つがブラ4でした。そんな大好きな曲を大好きな同期トップのお隣で弾くことができて、本当に幸せです。でも音も間違えるし上手くできないところも沢山あって頼りなくてごめんね。さりーはパートの同期として近くで見てきたけど、本当にすごいなーっていつも思っています。一年生の頃から大役を任されて、その後も日々忙しい中率先して仕事をこなしていく姿に惚れ惚れ(*´-`)。でもあんまり抱え込みすぎないようにねと、いつも心配になります。また美味しいものでも食べに行こうね。映画も行こう♪

もうだめです、まともな文章が書けなくてごめんなさい。長い時間かけて詰めてきた曲への愛情と、ずっといっしょに頑張ってきた部員への想いが止まりません、無理です笑。

ここで懐かしい話を1つ、
私が一年生の頃の一昨年の夏合宿でバイオリンとビオラの初心者始めの人たちが集められて柳澤先生直々のレッスンがありました。居た人は覚えてますかー?きょんきょんがその時のレッスンを録音してくれてて、今でもたまに聞くのですが、びっくりするくらい下手で笑えてきます。あの時に、柳澤先生に「いつかこのメンツが最前列に座って弾く日が来るかもしれないんだから」と言われ、皆んなで ひぇ〜!!!ってなってました。そんな日が実際にきましたね。みんな大学始めの弦トップで指揮を囲む日がきました。わあー無理です。自分で書いてて泣きそうになります笑 これまで過ごしてきた大学生活の様々な経験が全て血となり肉となり、熱い大祝を客席へお届けしたいですね。これはゐのはな祝典序曲て言ってましたもんね。演奏会が楽しみで楽しみで仕方ないです。

では最後に。改めて一年間本当にありがとうございました。そろそろ終わりとさせて頂きます。これからも宜しくお願い致します!!

p.s コンミスかくちゃんへ
当日は2ndから熱い視線を送っておきます。いつも合わせるところでかくちゃんと目が合うのが本当に楽しい。当日も宜しくね♪チューニングも応援してます!にこにこして見てるね( ´▽`)!
最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ