音楽の夏!...に向かって

こんにちは、はじめまして!
17Nバイオリンパートの生田杏果です。
部日誌が想像以上に早く回って来て驚いております。
相変わらず暑くて良い天気でしたね...!

流れに乗って名前の話...なのですが、実の所私の名前は画数の良さと被らなさで決まったようなので字体的には特に意味はありません。杏の果実なのでもっとジューシーな人間になれたらよかったのですが、残念ながら実物は干し杏です。よぼよぼ。
名前の響きは気に入ってるのでどうぞ気軽に「きょんきょん」とお呼び頂けると嬉しいです!
(ちなみに80年代は中森明菜ねえさん推しです)
あっ、某ジャニーズの方と某乃木坂の方々とは特に何の繋がりもないです!ごめんなさい!
有名人に生田さん多いですよね...解せぬ。

今回はセク練で、先生に来ていただきました。我々初心者はオールおりばんだったので同窓会館の和室で練習していました。
最近はおりばんが多いので色んなところで個人練をする機会が多いのですが、自分の足並みが遅すぎてバイオリンパートを名乗るのが恥ずかしいくらいです。先輩方と上手な同輩が神様のように見えます。
頑張らねば...!

恒例の暴露話です。
ついさっき自転車で帰路についていたのですが、もうこんな時間だし大丈夫だろうと思って某魔笛のオペラアリアの一部を下手な鼻歌で大音量で歌ってたら散歩してたおばさんに思いっきり見られました。
またやってしまいそうな気がする...

私は中高と合唱一筋で、現在も社会人合唱団に所属しているのですが、大学からオーケストラで楽器に触れられる機会ができたことで自分の世界がかなり広がったような気がします。今まで「知らない」で通していた世界はこんなに奥深くて繊細で美しいものだったんだなぁと...
オペラを聴くのが一段と楽しくなりました。次はバッカナールの「サムソンとデリラ」も聴いてみたいですね!なかなかに有名なオペラなので絶対素敵なはず...!特にデリラの色気とメゾソプラn)))

オペラの魅力について語っていたら冊子になってしまいそうなのでそろそろ自制します。

実は部日誌が回ってくるのは夏休み中になるだろうと高を括って書く内容を考えていたので、タイトルは「音楽の夏」にしようと思っていたのですがちょっとフライングでしたね...少し変更しました。
夏は合宿に練習に個人的には合唱のコンクールに、そしてそして定期演奏会がありますので、まさしく音楽に捧げる夏です。ミュージックサマー!
今からとっても楽しみです!

長くなってしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願い致します!

早く来い来い夏休み…!

こんばんは!
噂には聞いていましたが、予想以上のサ館の暑さと湿気にびっくりしています…
17Nバイオリンパートの石井早桜里です。

流れに乗って、私もまず名前のお話から始めたいと思います^o^ 名前そのものは珍しくないのですが、漢字のつづりは結構珍しがられます。三文字表記だから…?確かに、二文字で「○織」と表す方が圧倒的に多いですよね。
3月末に生まれたということで、ちょうど桜が咲き始める頃=早い桜(の里)、という意味らしいです。でも近年は開花時期が早まっていて、3月末にはもう満開or散り始めていることが多いような…。温暖化恐るべし。
そして、あだ名は「さりー」です。時間割会の時に決まったのですが、さおりから「お」をとった、ただそれだけなので、気軽に呼んでもらえると嬉しいです!

今回は県文でブラ1の1、2楽章とバッカナールの先生tuttiでした。
楽器を弾くのはとっても好きなのですが、なかなか自分が思い描いているように弾けず、悶々としてしまいます・・・
3年ぶりのオケなので、もう一度基礎の基礎から見直して、早く自分が納得のいく音を出せるようにしたいです。あと、音楽のことをもっと勉強しようと思いました。

さてさて暴露話。といってもちょっとした趣味の話ですが、私の趣味は消しゴムはんこを作ることです。消しゴムはんこ(通称消しはん)とはなんぞや?と思った方はググるなりtwitterで検索するなりしていただければでてくると思います。他にもレジンとかビーズが好きで色々作ってます。要は、ちまちました手先の細かいことをするのが好きなんです。最近忙しいので、のんびりとこういうことに費やせる時間が欲しいものです(・∀・) 早く来い来い夏休み…!

以上、ここまで読んでくださりありがとうございました!
早くみなさんの顔とお名前を覚えられるように頑張ります。
そしてもう7月になってしまいましたが、改めてよろしくお願いします!

17N Vn石井早桜里

泣いて喜びます

こんにちは!
17Mバイオリンパートの竹内遼弥です。
バイオリンは3年ぶりで、オーケストラは初心者です。新歓の最後のほうに突然湧いてきたにもかかわらず先輩方がみなやさしくて感動しています。

名前の話ですね。
遼という字にはゆるやか、ゆったりといった意味があり、弥という字にはのびのび、おおらかといった意味があるそうです。のびのびとした人生を送ってほしいとのことです。ところで僕は今とてものびのびしています(身長的な意味で)。
実は(?)この名前ニックネームが絶望的につけづらいんですよね。最近授業のほうではたけさんって呼ばれていたりしてますけど音部では先輩と被っちゃうんですよね。それと17有志がりょうさんっていうのを発明してくれたんですけど30分しか定着しませんでした、、、なんかないすかね、、、ってことで今絶賛あだな募集中です。

暴露話。実は僕よく当たるんですよ。高校のころから部活行くにしても、授業受けに行くにしても、友達と遊びに行くときも、朝も夜も当たるんです。大学入ってからいろいろ注意してるんですけどそれでも当たるんですよ。大学は帰りがだいぶ遅くなることも多くて夜中にも当たる機会ができてしまい、夜誰もいない中僕だけ一人でホームで死にそうになるなんてことが起きるようになってしまって、、、次の日授業切ったろかってなるぐらい、、、けっこう、、、痛いんですよ、、、
調べてみたら電車のドアって標準的な高さが1800㎜~1850㎜らしく、僕の身長が1837㎜なので結構がっつりいくみたいです。
もうちょっとドアを高く作ってくれたっていいのに。今日もぶつけましたよ、、、
あると思います。(天津木村)

こんな文章でしたが最後まで読んでくださりありがとうございました。
どうでもいいんですけど前までtuttiのことつっちーって呼んでました。あと名前覚えるのすっごい苦手なのでいろいろ申し訳ございません。仲良くしてくれると泣いて喜びます。
とこんな感じで今日はこれで最後です。これからもよろしくお願いします。

明日は新歓コンパです!!!!

こんばんはヴァイオリンパートの齊藤です。ニートです。

昨日の部活は9月の定期演奏会のメインであるブラームスの交響曲第一番の初tuttiでした。
有名な曲ではありますが、ブラームスが21年かけて作った曲というだけあってとても複雑で難しい曲だったように思います。

ところで、この部日誌のページの一番上に表示されている楽譜の画像(WEB版でないと観られないと思います)ですが、僕としたことがなんの曲かわかりません。どっかで聞いたことはあると思うんですが…もしかしたらめっちゃ有名な曲かもしれません。誰かわかったら教えてください。

話が変わりますが音楽部は今年27人の新入生を迎えることができました。奇数代が少ないというジンクスを破ってくれたということで、この勢いで音楽部に革命を起こすような代になってほしいです。
明日の新歓コンパ、普段は目つきの悪い僕ですが頑張ってテンションをあげて盛り上げていきますのでよろしくお願いします。

医学部二年齊藤剛

プロ5はいいぞ

こんにちは、vnぱーとの14mの武田宜高です。
12/9はクリコンの通し練でした、いよいよ本番ですね(^^)

お仕事は会計と弦セクリやってます。せっかくなので弦セクリっぽいこと書いてみます!

弦楽器は、他セクションと違い一つのパートを複数人で演奏するので、気楽に演奏することができます。が、そのせいかゐのはなの弦パートは積極性のある音が少ないのかなと時々感じます。自分はむしろ、失敗を恐れなくても良い分、積極的に音楽してもいいんではないかなって思います!また、音源を聞いてみて自分の好きな所を探して、それを真似て練習してみるのもおすすめです(^^)

あと最近、なんとなくですが通いの時などの基礎練の時間を増やすようにしてます。なんでかというと曲を突き詰める前にまず、皆さんの表現の引き出しを増やしてもらいたいからです。Tuttiでは指揮者からは色々な音を要求されますし、時にはかなり抽象的なイメージを伝えられることもあります。が、実際どんな弾き方をするにしても基礎の上に成り立っているものなので、基礎をやっておくことで色々なことに対応できて結局は近道なのかなと思い増やしました。あと音階練習とかも取り入れていきたいです。弦楽器の音程は大体感覚でとりますが、その感覚を鍛えるために音階をやるんだ、と考えてやってもらえたらなと思います!

色々書いてみましたが、結局言いたいのはどうせ練習するなら濃密な練習したいね!ってことです。自分上達したなって実感できる時がやっぱり楽器やってて一番楽しい時の一つだと思うので、皆さんもばりばりやってみて下さい!自分もぼちぼち頑張るので、弾き方とかで何か相談あったら気軽にして下さいね(*^^*)

Vn たけだ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ