久々の部日誌で、、

こんばんは。バイオリンの黒田夏花です。
今回の部活はちょうど外務の開けの日で、次期幹部の子と一緒に開けました。去年の同じ時期には自分が前幹部から教えられる立場だったことを思い出して、もう一年も経ったんだなぁと感じました。
幹部として過ごす時間もあと少し。次期幹部の皆さん、これから一年頑張ってください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

外務づっきーこと田上優月です。

最近、大学から一緒に楽器を始めた同期がトップとして活躍していることをとても嬉しく思います。特に、スラブ行進曲のホルンソロを聴くと泣きそうになってます。みんなと一緒に頑張ってきて本当によかったなと思います。

今回、コンミスをやらせてもらえたこと、本当に感謝してます。あの席に座っていると、周りに支えられているということをいつも以上に実感できます。合宿でいつもと違う形態で演奏を行った時、いろいろな人と目が合ったり、互いに目を合わせあってるパートを見つけたりできて嬉しかったです。お互いを思いやりながら音楽はより良いものへと成長していくんだなと感じられました。本番まであと少し、常に最高の演奏を目指して、みんなと一緒に頑張っていけたらいいなと思います!

どうも9代目ごはん大臣の竹内です。
旧部日誌までさかのぼってみたんですが、幹部部日誌へのごはん大臣単体でのエントリーはこれが初めてのようです。

去年の9月に池田さんからごはん大臣にならないかと言われてからそろそろ1年が経とうとしているみたいです。前幹部が幹部上になってからも1年が経ち、現幹部が幹部になってからも1年が経ち、そして次期幹部の新たな1年が始まろうとしています。この1年の集大成として迎える定期演奏会、そこにかける思いというのは言葉に出来ないほど深く、重いものだと思います。
この1年の間、僕は日々Twitterで「ぽきた!w」「ンゴwww」「優勝!」等の発言を繰り返し醜態を晒し続けてきましたが、せっかくなのでここは真面目に書いてみようと思います。

突然ですが、みなさんにとってオーケストラとはどういう場所でしょうか?

僕は小さい頃からバイオリンを習っていたのですが、その頃は正直バイオリンはあまり好きじゃありませんでした。惰性で練習をこなし、何年も習ってしまったし楽器も買ってしまったし辞めるのももったいないなーと思いながら、毎日毎日面白くもない練習を繰り返していました。高校ではついに楽器をやめてしまいました。
高校を卒業したあと、大学に入ってゐのはな音楽部に出会いました。入部したての頃は、バイオリンが嫌いとはいえ何年もやってたのだからオーケストラに入らないのはもったいない、ちょろっと入ってどんなものか見てみよう、という軽い気持ちでした。
しかし合奏を重ねるにつれて、僕は音楽が、オケが大好きになりました。

一人一人が自分の音楽を奏で、音楽を通して対話し共感し共鳴する、そして同じ方向を向きひとつのオケとして最高の音楽を作り上げる。それを実現する場所こそがオーケストラではないのでしょうか。
自分も相手も、心の底から湧いてくるものを表現しぶつけ合い、そしてひとつとなって観客に届ける。音楽はこれを可能にし、オーケストラには音楽をしたい仲間たちが集まる。これらは決して1人でできることではなく、かつ誰かが欠けていてもできない。部員全員がそれぞれの目標に向かって全力を尽くし、互いに十分にコミュニケーションを深めることにより初めて成立するものだと思います。
合宿のワルツ、すごく楽しかったですよね。

そのためには当然、皆が表現しうるだけの主体性を持ち、その上で皆が表現を実現するための技術を日々磨かなければならなりません。その練習は必ずしも楽しいものではないのかもしれません。モチベーションがいまいち湧かなかったり、楽器が嫌になる時間もあると思います。
けれどもそうした時に共に練習し励ましてくれる仲間がいるのも、オーケストラなのかなと思います。

私はそうしたオーケストラが、仲間が、ゐのはな音楽部が大好きです。
そうした仲間たちが触れ合い、時にはふざけ時には酔いつぶれ、しかし時には真面目に音楽について語り合う、そんな場所としてごはん会があるのではないのでしょうか。
強引にごはん会の話に持っていったように見えなくもないですが、僕はこの1年ごはん大臣として過ごしてきて結構本気でこう思っています。

この部活で出会えた先輩、同級生、後輩は皆かけがえのないものです。
バイオリンをある程度続けていてかつオーケストラに所属していなかった自分だから断言出来ることですが、ここまで楽しく心を通わせられる場所はオーケストラ以外にはありません。


とまあこのように思うわけですよ!くっさいくっさい文章になっちゃいました!画面の向こうで全身むず痒くなってヴぉぐぉぇああーってなってるみなさんの顔が良く見えます!
定演まであと少しですが頑張って練習して最高のゐのはなを聞かせてやりましょ!残り少ないですがごはん会でお待ちしております!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
9代目ごはん大臣の齊藤です。シベリウスの残したこの言葉とともに締めたいと思います。

「音楽は、言葉が語りえないところから始まる」

こんにちは。バイオリンパートで入部した薬学部1年の吉野です。ファミマの回し者ではないですが…スティックマカロンおススメです!

さて、今回の部活は学生tutti@県文でした。私は2曲の練習に参加したのですが、自分の演奏はあまり良いものではありませんでした。強弱つけたり、
弾き方を工夫したりと、取り組みたいことはいろいろあるのですが、まだまだ余裕がありません…。通して弾けるように個人練習頑張ります!

水曜日が雨ばかりなので、そろそろ晴れ間が見たいです。

最後になりますが
これからよろしくお願いします!

18Vn 吉野

お米とポテチ

こんにちは。ヴァイオリンパートで入部した、薬学部1年の川島志織です。

今回の部活はセク練でした。私は初心者なので、セク練には参加せず、先輩に教わりながら練習していました。いつも教えていただくときはマンツーマンで教えていただくのですが、今回はビオラの角南さんと、ビオラパートの先輩と4人で練習しました。今まで初心者の1年生と合わせて練習することがなかったので刺激を受けました。アクセントの付け方で、お米的な弾き方とポテチ的な弾き方を習いました。

本当はこれは翌週の30日に書いているのですが(遅くなってすみません)、土曜日にカラオケにヴァイオリンを練習しに行ってみました。1人でカラオケに行くのは初めてだったのですが、休憩と思って何曲か歌ったら思いの外楽しくて止まらなくなってしまい、休憩しすぎてしまいました。次練習しに行ったときは歌いすぎないようにしたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。これから頑張りますのでよろしくお願いします。

スプコン初合わせ

こんにちは。Vn2年の新宅敬彦です。
すっかり忘れていましたが、明日はセンター試験らしいですね。来年度どんな新入生が入るのか楽しみです。思えばもう3年生なのかと思うと時の流れははやいなぁと感じます。もうゆとりの1,2年生が終わってしまう・・・・。悲しいですね。

それにしても寒いですね。前回の日誌にもありましたが、「今年度最大級の寒波(暫定)」らしいですね。たぶん、2月にかけてもっと寒くなるかと思いますが、寒さに負けずにテスト勉強頑張りましょう。大学通いましょう。部活行きましょう。風邪も流行っているみたいなので気を付けたいですね。

寒さとともに厳しくなっているのがスプコンの練習ですね。今日はスプコンの初合わせでした。難しい曲が多くて、演奏中は精神的にフルボッコにされました・・・・・。自らの譜読みの甘さを感じました。もっと練習頑張ります。大変申し訳ありません。
今は楽譜にかじりついて自分のパート弾くだけで精一杯な感じになっていますが、できるだけ早く顔を上げて弾けるようになりたいですね。個人的には好きな曲が多いので、演奏を楽しめる余裕を持てるといいと思います。

今年の冬は期末テストにスプコンと色々と大変そうですが、ここを乗り越えれば春の芽吹きとともに自分の中で何か成長がみられるような気がします。なんか偉そうなこと書いて申し訳ないですが、頑張っていきたいですね。
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ