めぞん一刻

めぞん一刻という漫画があります。
上京してきた青年と彼の住むアパートの大家さん(めんどくさい)とのラブストーリーなんですが、定期的に通しで読み返したくなります。ただ、普通に頭から読んでいくとめんどくさくて疲れてしまうので、いつも15巻から遡って読むようにしていました。
ですが、世間的には読んだことのない人の方が多いと思います。読んだことのない人はやっぱり最初から読まないとわからないですよね。遡って読むと結果が分かった状態でそれまでの細かい要素や伏線の回収ができるので気持ち的にすごく楽です。でもこれは一回読んでいるからこそできる方法です。
なので最近は1巻から順番に読むようにしてみました。今起こっていることがどんな結果になるのかを考えるのは思いの外楽しかったです。
読んだことのない人もある人も五代くん達の気持ちになってめんどくさい状況を味わってみたり、高橋先生の意図を汲み取ってみたりして欲しいなと思っています。
僕の指揮の話を終わります。



こんばんは、19p オーボエ パートの鈴木です。今回は学指揮目線で部日誌を書いていこうと思います。
学指揮は割りと楽しいです。本当はずっとオーボエを吹いていたいですが、乗り番が増えると思えば楽しいです。曲の指揮は高校の時からしていますが、特別やりたいわけではないです。自分が吹いているときに指示や進行が微妙な指揮をされるとすごく鬱憤が溜まります。それを回避するために学指揮になりましたが、気付いたら今も続けていました。ビックリですね!
スラブ乗りの人は覚えているかもしれませんが、以前「もっと指揮者側にアプローチをかけてきて欲しい」的なことを言ったと思います。ちょっと抽象的過ぎる表現だったかなと反省しています。
皆さん合奏中何か考えてますか?自分は単なる演奏者だと思っていませんか?
僕は前述の理由で学指揮を始めたので自分が吹いている時も自分が合奏しているつもりで考えていることがよくあります。
小学生の時とかに「当てられてなくても自分が当てられたつもりで答えを考えよう!」みたいなことよく言われましたよね?あれと同じです。
配置の位置的に奏者側じゃないと聞こえないこともあると思います。でもそういうことではありません。自分のパートが捕まっていない時にぼーっとしてたりしないですか?そういう時に考えてみて欲しいです。
もし自分が指揮を振っていたら、どのパートにどんな指示を出すか、今出した指示はきちんとこなされているか、指揮者が指示していないところで気になるところはないか、そんなことを考えてみて欲しいです。
僕の気づいてない部分が顕になって演奏が進歩するということもありますが、それよりも自身の意識が変わります。(意識すると意識が変わるって何か小泉構文みたいですね笑)
演奏のうまさとか技術に関係なく意識をしているかどうかは演奏を通じて伝わってきます。そういう意識が伝わってこない演奏が僕の言う「指揮者側へのアプローチがない演奏」です。この意識は一例なので他にもいろいろあります。皆さんで探していって欲しいです。

僕はそこまで自分の指揮に自信があるわけではないです。なので皆さんがどう思っているのかを結構気にしています。合奏後とか、当日じゃなくてもいいので感想とかをいただけるとすごく喜びます。合奏の内容がどうだったとか、テンションがどうだったとか、雑談の内容がどうだったとか、関係ないことでもなんでもいいです。
そんな感じで皆さんがもっと積極的に合奏に参加してくれたら、もっといい演奏ができるんじゃないかなと僕は思っています。

春定まで一ヶ月切りましたね。僕も頑張ります。頑張りましょう!!!




追記
めぞん一刻読んだことない。

3回言いました

こんにちは。副部長の八田です。もう一度言います。「副部長の」八田です。部日誌をどのページにいけば書けるのかわからずてこずりました。

昨日は年明け初のtuttiでした。私が振った曲は去年ほとんどやってない曲で私自身ぐだぐだで申し訳なかったです…。来週からの先生tuttiでどんどん感覚を掴んでいきましょう。

オフ明けから焦るようなことを言うと、定期演奏会まで実はそんな時間がないんです。まだすんなり通らない曲も多いですよね。
私は合わせる時において周りとズレた時に一番役に立つのは耳だと思います。もちろん指揮を見て合わせるのも大切ですが周りの音を聞きあえばなんとか持ち堪えることができると思います。昨日の4楽章の合奏ではそれができていたように感じます。私の指揮がダメダメでもみなさんでつないでくれました。ありがとうございました!
あと、個人の演奏について大事なのはイメージだと思います。個人練をして弾けるようになるのも大切ですが、それだけだと合奏の時に何も考えずただ弾いてしまう現象につながります。音源を聴いてこういう感じで弾きたい!そこまでいかなくても、こんな感じなんだー。というイメージをもてば合奏の時に自然と考えながら弾くと思いませんか?演奏の時はどんな些細なことでもいいので考えて演奏することが大事なのでぜひ皆さん意識してほしいです。極論、お腹すいたーご飯何にしよーでもいいです!極論ですよ!!

意外と長くなってしまいましたが私がこの日誌で一番伝えたかったことは実は副部長だということです。どうでもいいことですが私自身忘れてしまうのでみなさんにお伝えしておきました。
あと50日楽しんでいきましょう!

テーマ :
ジャンル :

長めのひとりごと

こんばんは!トロンボーンパート18Pの信岡友菜です。幹部としては譜面選曲と実は新歓隊長を務めています。

今日の練習はパート練とセク練でした。
トロンボーンチューバはパート練をしたのですが、久しぶりに2時間半みっちりパート練習やると疲れますね…唇がたらこになりそうです。
オフ期間中もちょこちょこ1人で練習していたのですが、やっと複数人で練習できて楽しかったのと同時にできていないところもよくわかったので、ひとまず春定にむけて練習頑張ろうと思いました。

突然ですが、私は音楽部が本当に大好きです。
音楽をやる環境というのはわざわざ部活に入らなくてもいいのかもしれません。部活じゃなくてもオーケストラはたくさんあるし、音楽部よりも上手い団体もたくさんあると思います。
それでも、普段から実習がーテストがーと言ったりしながら毎日一緒に授業を受けているみんな、他愛もない話をしたり部活の話をしたりして楽しい時間をたくさん過ごしてきた皆さんと音楽ができるのはとても幸せなことなんだろうと思います。
部活に対する考え方は人によって違うと思いますし、それで当然だと思います。そんな集団の中で、1つの演奏会に向けて、毎週練習して努力できるのが私はとても楽しいです。

なんかこんなよくわからない独り言をたらたらつらつら書いていて恥ずかしくなってきました。よくわからなくてすみません。文才欲しいですね。
とにかく、楽しい部活で演奏会に向けて、つらくても幸せな時間をたくさん積み重ねて、後悔のないようにたくさん練習して、いい本番にできたらいいなと思います!

信岡友菜

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

会計担当

お疲れ様です。17Nホルンパートの西原です。今年度の会計を担当させていただきました。会計としては、私は部費の徴収や現金の管理を主に行っていました。一緒に会計担当だったとみーさんとつよしさんには本当にお世話になりました。ありがとうございました!
また、金管のセクションリーダーも務めさていただきました。セクリをする上で金管幹部のみなさんには様々な場面で助けてもらい、本当に感謝しています。パトリの方々が各パートをしっかりまとめてくださったおかげで、セクリとしての仕事が減り本当に助かりました。また学指揮が金管セクションにおられたことは本当に強みだったと思います。セク練をたくさんみてくださったうがわさんありがとうございました。
セクリの仕事は想像していたよりも苦ではなく、むしろとても楽しませてもらいました。セク練をみるときに金管の音を目の前で聞けたり、練習を積み重ねるごとに金管全体でまとまっていく変化を感じられたり、自分のパート以外の人と関わる機会が増えたり、たくさんいいことがありました。この1年間とてもよい経験をさせてもらいました。ありがとうございました!
最後にこの場を借りてホルンパートのみなさんに感謝を伝えたいと思います。今年度のホルンパートは19の2人が入ってきてから10人のマンモスパートになることができました。10人同時に合わせて吹くことはパート基礎練くらいしかありませんでしたが、基礎練で10人のハーモニーがぴたっと揃ったときには本当に幸せな気分になっていました。数が全てではありませんが、いろんな人のホルンの良い音を聞けたり、いろんな人と音を合わせる機会が持てたりしたことは、貴重な経験だったと思います。おっとり癒しのなっちさん、夏オケで仲良くなったこのみんさん、クールビューティさきさん、いつも優しいゆうさん、パトリでホルンをまとめてくれたまよちゃん、ツッコミ的確なみさきちゃん、楽しいおしゃべりおうちゃん、大祝で安定感抜群のぞみちゃん、練習熱心なゆきちゃん、このメンバーで今年度ホルンパートができてよかったです。ありがとうございました!
定期演奏会はついに明後日になりました。同じメンバーで演奏するのがこれで最後だと思うと少し寂しいです。今回メイン曲のブラ4では3rdを担当しますが、意外と目立つソロやソリがたくさんあるので楽しみです。思い出に残るいい演奏ができるよう頑張ります!
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ