もうすぐクリスマス

こんにちは。18Pバイオリンの川島です。部日誌を溜め込んでしまったので2回分書きます。

役職は会計を務めています。弦のみなさんはお金を徴収しに伺うこともあるかと思います。よろしくお願いします。皆さんからお金を徴収する仕事は結構楽しいです。

水曜日は先生tuttiでした。新世界3,4楽章、スラブ、魔弾をやりました。
新世界は1stで乗っているのですが、いつも人が少なくて寂しいです。魔弾は一応2ndのトップを務めていますが、パートの他の皆さんの音に頼りっきりだし、スラブも難しくて全然弾けないので、実習も終わったことだしたくさん練習したいと思います。

金曜日は弦セクはクリコン練をしました。セントポールの練習のときに、ふと去年のセントポールのセク練のことを思い出して、勝手に懐かしんでいました。毎年同じ曲をやるのもいいななんて思いました。

12月に入って、街でイルミネーションを見かけることも多くなってきましたね。特段クリスマスに良い思い出があるわけでもないのですが、毎年この時期になると、特定の何年間かのこの時期のことを思い出します。なんでなかなあと思っていたのですが、その頃にクリスマスソングをとりわけ多く耳にしていたせいかなと最近気づきました。
匂い、嗅覚が一番記憶を呼び起こすとはよく言いますが、音楽、聴覚はその次くらいにくるのではないかなと個人的に思います。音楽を聴いて、その音楽をよく聴いていた頃のことが懐かしくなることがよくあります。
今回の定演に関して、いつかまた新世界やだったん人や魔弾やスラブを聴いたときに、懐かしく感じたり、良い感情が呼び起こされることができるといいなと思います。

最近新小岩と錦糸町の間でスカイツリーが見えることに初めて気づき、最近窓の外見てなかったなーなんて思った今日この頃でした。

川島志織

津軽海峡から赤鼻の山下達郎へ

遅くなってごめんなさい。18Pホルンの仲村です。

金曜はパート基礎練、セク練、クリコン練をしました。パート練やセク練は仕切るのが超苦手なので、1年間自分なりに精一杯頑張って貢献できればいいなと思います(^^;)

それから、後日の帰宅後にたまたまNHKで新世界をやるのを知って、慌ててスコアを出してきて全楽章聞きました。プロの音、響き、迫力は私たちのものと全然違い、あらためてこの曲の良さを再確認したのと同時に、私たちもこれくらい余裕をもって音楽を表現できたらなと思いました。


さて、タイトルはふざけてしまいましたが本題です。

みなさんはどれくらい具体的に理想の音とか演奏したいイメージがあるのでしょうか?

高校のときのアドバイスに「楽器を練習する時間と同じくらい良い音を聞く時間も大切だ」というものがありました。自己解釈ですが、ここでの良い音というのは、今練習してる曲のプロの演奏はもちろん、その楽器のソロの曲とか好みの演奏者の音とかも含まれるかなと思ってます。

そしてその「音を聞く時間」が理想の音やイメージにつながるのかなと思ってます。

もし自分の中に、こんな演奏がしたい、ここはこういう音でこの人に合わせて吹きたい、このフレーズはあの音源みたいにこう歌いたい、みたいなものがより具体的にあれば、たぶんtuttiなどでもっと音楽の方向性などを合わせやすくなるのではないでしょうか。せっかくたくさんの人と音楽が演奏できる/たくさんの人に音楽を聞いてもらえるので、どうせならみんなで一緒になって音楽したほうが楽しいのではないでしょうか。

ちなみに私は音程をイメージするのが苦手です。自分の出番の小説になると緊張して頭が真っ白になって音を外します。

なので、私個人の春定の目標は、初心にかえり、今回はいつもよりたくさん音源を聞いて、音程イメージできるようになって楽譜通りに音が並べられるようになったら、さらに音源聞いて、どんな音で演奏したいか具体的にイメージできるところまで突き詰められたらいいなと思ってます。

まとめとしては、たくさん音源を聞いて理想の音をもって演奏した方が楽しいのでいいんじゃないかなという個人的な勧めでした。

最後に私の役職はパートリーダーと会計なので、みなさん集金の際はご協力よろしくお願いします(_ _)

仲村美咲

「生活者の音楽」

こんばんは。会計17M中出です。

水曜は学生tuttiで、新世界3楽章とスラブと魔弾をやりました。新世界ではトップをしていますが、毎回手汗がすごいです。手が滑るとA管とB管を持ち替えるときにジョイントが回らないので、焦って余計に手汗が出ます。毎回ヘマばかりこいてすみません。本番までには何とかします。

この間、蜜蜂と遠雷の映画を観てきました。原作は恩田陸の小説で、コンクールに臨むピアニストたちが描かれています。あらすじとしては小説の抜粋的な感じでしたが、何というかとてもよかったです。小説の中で「春と修羅」という新曲が登場していたので、それがどうしても聴きたかったんですよね。

このお話のメインキャラクターのひとりに、高島明石という人がいます。現役音大生ばかりのコンテスタントの中で、明石は結婚していて子どももいて、楽器屋さんで働いています。
明石の信条は、「生活者の音楽」の追求です。今ひとに本を貸していて引用できませんが、なんだかめちゃくちゃ良い台詞を言っていました。生活者の音楽ですよ? 生活者の音楽。

生活者の音楽。

考えたことありませんか。
わたしは間違いなく音楽家にはならないし、おんぶの皆さんもほぼ全員がそうだと思います。みんな日々音楽とは全然関係ない講義を受け、実習に参加し、テストに追いまくられています。じゃあ音楽って何なんだ? 試験勉強の時間を削ってまでやっているこれは何なんだ?

正直、音楽なんて無くても生きていけると思うこともあります。「音楽とか儲からないし歌詞とか適当でもいいよ」ってヨルシカも言ってますよね。そんな感じです。音楽とかテストに出ないし、病気がみえればそれだけでいいよ。

でも完全にそう言い切る勇気も無いから、わたしはここにいます。恵まれた環境にいるから呆けているけれど、楽器が、音楽が、この手から奪われたとしたら、実は生きていけないかもしれない。音楽がいらないなんて口に出すこと自体、思い上がりも甚だしい、恥ずべき傲慢なのかもしれない。答えなんて、出ないんですよね。

「春と修羅」後半のカデンツァは即興に任されており、楽譜上の指示はただ一言だけ、「自由に、宇宙を感じて」とあります。
そこで明石が弾いたのは、永訣の朝のあの有名な一節、あめゆじゆとてちてけんじや、を明石の幼い子どもまでが口ずさんでしまうような、本当に素朴で純粋な調べでした。

彼の姿に、わたしはある意味救われました。もちろん、明石と比べるのもおこがましいくらい努力も実力も足りない身ですけれど。プロじゃない、音楽家じゃないからこそ探し当てられる音があるのでは、そしてその探索のためなら、もうちょっと時間を捧げてみてもいいのではという気が、今は少しだけしています。

月並みな着地点ですね。音楽家でも文筆家でもないから仕方ありません。次にソロを吹くときには、一昨日誰かと作ったフレンチトーストのあったかい香りが乗ればいいと思います。生活者の音楽って、きっとそういうものなはず。

中出理紗子

今、思うこと


内務の古屋です。^ ^

金曜はセク練、パー練でした。
弦セクはダッタン人、新世界4楽章をやりました。
コンバスが3人だけだったので、いつも以上に音を出していたのですが、どうしてもきつい音になってしまいました。うーん、難しいです…
ダッタン人では、こうけん先生からビブラートをかけるようにと教わりました。
今まで避けてきたのですが、この機会にやらなきゃなと思いました

新世界の4楽章、この前の先生tuttiのときにどのように弾こうとは考えず弾いていたり、後半ずれてたりしてしまいダメダメでした
今回のセク練では、今まで意識していなかったことが見え、どのように弾けばよいのかなんとなく全体の形がわかりました。(なんとなくで、ごめんなさい)
得るものが大きかったです。あとは練習あるのみですね


新世界好きです、カッコいいです
上手い人たくさんいるのに、なんであなたがメインのトップなの…?
と思われてると思いますが許してください、必死に頑張ります。
2楽章のピッツ、いつも心拍数がハムスター並に速くなり、手汗も止まらない状態で弾いてます。
いつか堂々と弾けるようになりたいです、応援してくださると喜びます

少し前の1楽章の学生tuttiのとき、コンバスの方ここ楽しいですよね?と聞かれた所、目立って嫌だなぁと思っていた所でした。速いしポジション移動多くてピッツし難いです
自分はどこを楽しいと思って弾いてたかなと探したら
、1楽章のGからずっと同じ音を思いっきり弾いてる所でした。神成さんがノリノリで振ってるところです。(チャイ5の4楽章のmoderato assai e molto maestosoも好きでした、最後の方です)
簡単な所が好きみたいですね…
春定までに全部楽しんで弾けたらなと思います

チャイ5といえば、去年のこの時期弾けなすぎて(あと暇すぎて)ずっとサカンで練習してたなと、えもいです。 
ただでさえ譜面がごちゃごちゃしてるのに、全ての音符に指番号書かないと弾けないせいで、楽譜が汚くなってたました
1年生が来るまでには、指番号無くても弾けるようになりたいなと思ってましたが、今でもちゃっかり書いてます、成長してないですね。
ちかちゃん、私の楽譜初めて見た時ドン引いたと思います。パートの方々、一年生の時から思っていたのですが、いつも見にくい譜面で弾かせてしまって申し訳ありません…
私の演奏はパートの方々の優しさで成り立ってます。いつもありがとうございます、心落ち着く大好きな場所です。

コントラバスパートは暖かくて家族みたいです。一人一人言わないだけで、内側に思いを持っているなと勝手に思ってます、尊敬しています。途中から入った私を暖かく迎えてくれてありがとうございます、パートへの愛は人一倍大きいです。(恥ずかしいので、これくらいにしておきます)

一年前はコンバス重いな、弦硬すぎて指痛くて押さえられないな、総じてコンバス大変だなと思っていました。 
今でも思うことはありますが、音、サイズ感、合奏を下から支えている感じなど全てが好きで、この楽器を選んで本当に良かったなと思ってます。
クラシックも大好きになりました、毎日聴いてます。出会ってよかった
良い音で素敵な曲を弾けたらいいですね。
 

幹部始まりました、心に余裕を持つことを目標にしていましたが、なかなか難しいです。
運転が好きで運搬に興味がありましたが、まりこちゃんの運転してるところを見ていると、私だったらバックの時ぶつけてるな笑と、思いました。まりこちゃん運転上手です
自分の力量にあった仕事をサボらずやるのが正解ですね

最後に、夏の定演熱くて感動しました。
春定も熱くエモい演奏会になると良いですね^ ^


古屋百得

音階ができたら曲も完璧ってそれ一番言われてるから

竹内です(5回目)。

水曜は先生tuttiでした。しんせかいの234楽章と、だったんじんの踊りをやりました。
どちらも難しくて、全然弾けませんでした。はやく先輩方のように弾けるようになりたいです。

前4回は自分のことを書いてましたが、セクリなのでそれっぽくみんなにお願いしたいことを書きます。
あ、最初に要約を書いときます→「練習しよう」


まずは最低限のことです。社会としてのオーケストラについてです。

音楽は楽しいし楽しむべきものである一方、オーケストラはひとつの社会なので責任が発生します。そしてそれはあまり楽しくないことかもしれないです。
100人くらいがそのtuttiのために数時間練習するというのは結構大変なことです。それを自分のミスや練習不足でおじゃんにするのはやべーことです。という前提があり、その上で寛大な心をもって臨むものもいれば、弾けないものを邪魔だと言う人もいるし、練習する姿勢があればいいという人もいます。そこら辺の姿勢も含めてその人の音楽観だと思います。

世の中一般に言えることだと思います。実習とかで予習してこない人がいたら迷惑だけどそれに噛みつくわけではない。でも毎回予習してこなかったらさすがに許せない。かといって自分が毎回完璧に予習していくかと言われたらそういうわけでもない。ではどれくらい予習してくるかというと、結局そこは個人の価値観次第ですよね。

実習の先生のように毎回完璧に練習してくる必要はないにしても、みんなが自分の担当する部分をもう少し練習するだけで出来上がるものは抜群によくなると思います。
ですが、これは社会の一員として課せられる責任に駆られてやることです。自分の責任の範囲内で、自分が責められないよう自分のためにやる音楽です。僕はここまでを最低ラインとして考えたいです。


次が目指したいところです。

オーケストラっていうと高尚なイメージがしますが、結局は共通の目的のもとに集まったひとつの大きなチームです。人数が多いので個の存在感が薄れがちですが、良い音楽を作ろうという共通の目的のもとこんなに多くの人が集まれたことにもっと感動したいです。
社会に出たらきっとこんな集団はないと思います。みんな自分が生きるために働くことになるのです。しらんけど。

なので自分の担当する部分をもう少し練習したうえで、となりの人が担当する部分にもう少し耳を傾けてみてほしいです。そこには隣の人が練習した結果や、その人のやりたい音楽があるはずです。
それをさまざまな意味でくみ取ってあげましょう。支えてあげたり、合わせてあげたり、、、

そうした後にもう一度周りを聞いてみてください。そこにはその人があなたのために練習し、あなたのために作り上げた音楽があるはずです。みんながやれば必ずあります。こうして、みんながみんなのためにやる音楽をしたいです。と終わりにしたいところですが、実は続きがあります。

みんながみんなのために合わせる、ということの究極のゴールかもしれないですが、みんなと共感したいです。同じことを考え、同じ音楽を作ろうとしたら合わないはずがないですよね。
そうして本番を迎え、本番は自分らの作品を披露するのではなく、自分らの共感を観客に届けたいです。観客に届け、そして観客にも共感してほしいです。会場が一体となる感覚を、興奮を感じたいです。

というふうになるようにみんなにお願いしたいです。
読んでくれてありがとうございました。


p.s.
初心者の皆さんはこの時期大変苦労すると思いますので、僕が昔考えたことを書きます。助けになればうれしいです。
中1が二次方程式を解けなくてもだれも怒らない。それよりもいますべき勉強を積み重ね、高3で積分をマスターすることを考えてほしい。
またくさいことを書いてしまった気がします。あたり前のことですが、意外と忘れられている気がします。勉強と同じで、コツコツ頑張りましょう。先輩方は敵じゃないはずです。もし中3にもなって二次方程式が解けなかったら怒りますが。

テーマ : 糖尿病
ジャンル : 心と身体

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ